2010/03/31 Wed

つぶす勇気



あなたは部屋の掃除をしています。
ふとカーペットに目をやると、小さな幼虫が蠢いていました。あなたならどうしますか?

  1.駆除・防止対策を考える
  2.無視する
  3.ネットで探した幼虫の画像と見つめ合って耐性をつける

……ヒメカツオブシムシとかよく見たら、か、かわいいじゃん?まじ毛虫先輩の足元にも及ばないし。こっこわくないんだから!ちょっと表に出ろやー!いや、出てってください、ほんとに。


そういえばおぼっちゃまくん15巻が出てきたよ。たぶん兄あたりが買ったものだけど、昔読んですごいトラウマになった記憶が。せっかくだから久しぶりに読んでみた。何も考えずに読めるギャグで普通に面白い、けど……やっぱりツクシ型宇宙人の話は今読んでも怖いし気持ち悪い。あと下ネタで恐縮ですがこう、ポロリと取れたり伸びたりすると、なぜか私まで痛い気がしてちょっと苦手です。舌がちぎれてるのとか。でも記憶以上にストーリー性があって面白いし、何といってもびんぼっちゃまが秀逸。「おちぶれてすまん」これは流行る。……流行ったんですか?


読書記録(30)  小林泰三『忌憶』
タグ:読書
posted by あいだ at 22:22 | Comment(2) | 書籍

2010/03/26 Fri

明日を知る


そうです。お風呂で洗顔したあと手に残ってる泡で腋の下を洗う派のあいだです。

この一週間、アホみたいに腋を洗ってる間にあった出来事といえば、
  ・家の車を運転した
  ・YouTubeのアカウント作った
  ・姉の卒業式に行った
  ・姉の内定が決まった
  ・ブックオフで「幸福喫茶3丁目」を衝動買いした
あれ、意外とたいしたことなかったな…。個人的には激動の一週間だったのに。まぁ、週三日以上の外出=アクティブ!くらいの怠け具合ですがね。

運転は、母を仕事場へ送り、近所のデパートや魚屋さんの駐車場で発狂しかけた程度です。助手席には父が乗ってくれてますが、どうも私は勝手に補助ブレーキがあるもんだと思ってる節があるようで…教習所にいた頃はあんなに小心者だったのに、今はさらっと対向車に突っ込みそうなくらいアバウトです。誰か止めて。YouTubeのアカウントはあると便利ですね。再生リストの順番を変えるとバグるのは困るけど。卒業式は昨日でした。私はスーツ着てカレー食べて体育館でぼーっとするだけ、雨で残念だったね。姉は深夜に帰ってきたようで、次に会ったのが今朝なんですが、すごい眠そうな声で、試験受けた高校からいま電話きた採用決まった、と。ほんと良かった。来年度から我が家はどうなるんだ、どうしようと思っていたところにこの吉報。私も嬉しいです。だけど、千葉なんですよね。関東とはいえ電車で片道四時間。こんな時期だから、来週にはもう離れていってしまうとか。そうか、ついにか…。くだらないこと話したり、一緒に旅立ちの日にの替え歌(ウコンのっ力信じて〜二日酔い〜♪)とか歌えるのも今だけ…。今日お世話になった人への挨拶巡りに同行しましたが、一緒に大学行くのもこれで最後かしら。元々あまり家にいなかったし、いてもほとんど寝てたし、小さい頃はいじめるから苦手だったし、今でも時々チッて思うこともあるけれど、離れて暮らすと思うと、うーん……。そんな切ない気持ちに駆られ、「幸福喫茶3丁目」を一気に集めました。あれ面白い。

posted by あいだ at 23:07 | Comment(0) | 日常

2010/03/19 Fri

イヤーウォーズ


世の中には二種類の人間がいる。耳を動かせる人間と、そうでない人間だ。


私は後者である。動かせた試しがない。しかし動かせる人がいるということは、人の体は耳の動きを制御する構造を備えているはずだ。筋肉とか、神経とかそういうものが。もしかしたら耳を動かせない人はその構造自体が先天的に欠けているのかもしれないが、それを備えている人だって、始めから自在に耳を動かせる訳ではないのではないか。ならば私は生まれつき耳を動かせない運命を背負っているのではなく、耳を動かす方法をまだ体得していないから動かせないだけという可能性も考えられる。今からだって訓練すれば筋肉だか神経だかを操れるようになるかもしれない。それに気付いた私は早速鏡と向き合い顔の筋肉という筋肉を動かしてみた。どこかの筋肉が耳と連動していないか。眉毛や口角を上下させ耳の反応を窺った。……耳はぴくりとも動かなかった。

私は、自分の耳を意のままに操ることができないのだ。耳は私を主人と見なしていない。ということは、耳は誰に従うのだろう?私でないとしたら、一体誰に?どこか離れた場所から遠隔操作を行う者がいるのだろうか?それとも、それは私の体の中に潜んでいるのだろうか?目的は何だ?敵か、味方か?今こうしている間も奴らは耳を通して私の意識をモニターしてほくそ笑んでいるのかもしれない。今は耳だけだが、そのうち目を、鼻を、口を、手足を、やがて脳を支配され、そして


そこまで考えるとあらゆる感情が津波となって押し寄せてきた。自分の体が自らの制御下にないことに対する恐怖。一刻も早く耳を動かせることを確認しなければという焦り。そして体内に潜む異物への果てしない憎悪。人は、支配できないものをおそれる。何もかも配下に置かないと気が済まない。こうした潜在的な意識が戦争を引き起こさせるのかもしれない。「耳を動かせるようになって自慢したい」……そんな些細な欲望が、人畜無害と評される私に危険思想を植え付けてしまうなんて!なんかもう、今のうちに自首とかしといた方がいいですかね?

posted by あいだ at 22:22 | Comment(0) | 空想する

2010/03/18 Thu

チョコニャンの未来設計


今度こそホワイトデー。今日はちょうど新学期についてのガイダンスがあるもんだから、数日遅れのホワイトデーじゃってことで、久しぶりにお菓子を作った。高二のホワイトデー以来だろうか。バレンタイン用のレシピ本を参考に、昨日の夕方にブラウニー、今朝チョコチップクッキーを作った。あと口直しに一個十円のチョコマシュマロを入れた。待ち合わせの三時半に合わせて二時に家を出るつもりが、百均でラッピングを買っていたら昼を食べる時間なくなってた。幸い、すぐおいしいすごくおいしいチキンラーメンがあったので、すぐ食べてすごく家を出て間に合った。みんなに会った時に配った。Kちゃんだけが目の前で開封して、その場で「楽しい」「具が見えてる」という感想をいただいた。私はKちゃんが楽しい。

喜んでくれたのは嬉しいけど、材料やラッピングに軽く二千円はかかった。配った四人分を差し引いても冷蔵庫にはまだまだ残ってる。十人前はあるから、一人前二百円と考えたら安い気もする。春休みはショッピングして水族館行ってリサとガスパール展行って…と考えていたけど、お小遣いなしバイトなし貯金なし、ついでに特技なし資格なし将来性なしのこの現状。その上さらにみんなの笑顔のための出費(いいこと言った)で財布が空になってしまった。こんな状態で何ができると言うんだ。

先日、一年次の成績が発表されたんだけど、思ってたより良かった。単位は取れてたし、平均点数?も九割をちょっと超えていた。つまり、奨学金の出願条件をクリアしていた。しかし出願のための書類には十行程度の「将来の進路希望」の記入欄がある。右も左も見えない私には一秒先だって見えないし、中学生の頃に抱いた将来の夢は他人にやめろと言われてあっさり捨ててしまった。だけど、ここは一発でっち上げでも何か書いて出願してみよかな?小論文や面接もあるけど、落ちても死ぬ訳じゃないし、やってみよかな?そんな訳で、将来について本気で考えてみることにしたんだ。だからまじでこんな一日中ネットで遊んだりしてる場合じゃないんだよまじで。お金がほしいんだ。誰かブラウニーとクッキーの余ったやつ二百円で買い取ってくれよ。私は限界まで労働から逃げるよ。走るよ。
posted by あいだ at 22:22 | Comment(0) | 食べる

2010/03/14 Sun

通過宣言


ホワイト振袖記念撮影デー。

成人式のためにレンタルした振袖を着て、スタジオで写真撮られてきた。実に七五三以来のヘアメイク体験。今までずっとこのすっぴんと付き合ってきたけど、プロの魔法にかかればびっくりするくらい変身するかもしれない、と期待していた。少女漫画にありがちな「これが、私…?」って台詞をリアルで言ってみたかった。顔に塗られたり髪を盛られたり、「ちょっと瞬き我慢してね」を悉く逆らったりしながらメイクアップ!を終え、顔を上げて鏡を直視する。「これで、終わり…?」あんま変わんねえ。化粧ってもっとこう、ダメな部分をフォローするもんじゃないのか。ないのですか?フォローしきれてない部分がどうもこう目に付くけれど……プロの魔法を以てしても補いきれないというのか。見た目が変われば何かが変わるかもしれない。そんな淡い期待を打ち破られた瞬間であった。でも髪型は想像以上に良い出来になったよ。髪飾りは白とかなり迷ったけど黄色にして正解だった。振袖もちょっと地味かなぁと思ってたんだけど、そんなに悪くないんじゃないか?少なくとも着付け室に掛かってた振袖の中では一番自分好みだったし、親も良いって言ってくれたから、結果オーライかな。でもその後の写真撮影ですっごい気分落ちたわ。撮影自体は、小物いっぱい使ったり、背景も変化があって楽しかったけど、見せられた写真が、かなりきてたね。どんなに着飾っても、笑うと南海キャンディーズのしずちゃん似なんだよね。まぁそれも一興ってことで。なかなか楽しい体験ができたぜ。十代残り三ヶ月切ってるなんて残酷だな。まぁそれも一興じゃない。人生の目標は完走だ。こんな所で止まってもしようがないもんね。挽肉みたいな運命が待っていても悪くない。歩くよ。


posted by あいだ at 22:22 | Comment(2) | 日常

2010/03/13 Sat

幸せになる道には二つある


たいていの不幸は、下痢が止まらない状態に比べれば遥かに幸せである。
あいだ[1990〜]



まいっちゃうな。どうして次から次へと名言を思い付くのだろう?私の頭の中では真理の泉が湧いてんじゃないか?これって真理だと思うんです。下痢が止まらない状態ほど最悪なことって、せいぜい五年に一度起こるかどうかだと思うんです。時間を隔てた不幸の比較は難しいかもしれませんが、だって仮に自転車盗難とひどい下痢が同時にきたら、「自転車なんてどうでもいいから下痢どうにかしてくれ!」って祈るでしょう?貴方が現在ひどい下痢に悩まされていないなら、美味しい白米をお腹いっぱい食べられたり、温かい清潔なお湯のお風呂に入ったりすることができるのと同じように、快適なお通じライフを送れるという当たり前のことに幸せを見出だすんじゃないかな。

ちなみに下痢の部分を「毛虫を口の中に詰め込まれる」に変えてもほぼ同じ意味を表しますね。毛虫を口に入れるなんて、親が死ぬとかそういう次元の不幸を除いて、考え得る最低最悪の事態でしょう。最悪の状況を想定して挑めば、たいていの場合、良くない結果に対するショックを軽減することができると思うんです。たとえば貴方は好きな女の子に告白するとします。実行に移す前にシミュレーションをしてください。考え得るあらゆる結果を予想するのです。一、成功する。二、フラれる。三、毛虫を口の中に詰め込まれる。これで大丈夫!さぁ告白します。……ねっ?そんなにショックは受けなかったでしょう?だって貴方はフラれたけど、毛虫を口の中に詰め込まれるという最悪の事態には至らなかったのだから。予め想定した最悪の事態を免れた……それってとても幸運だと思いませんか?終電を逃しても、洗顔フォームと歯みがき粉を間違えても、一万円をドブに落としても、毛虫を口の中に詰め込まれなかったのならば、不幸を嘆く必要はないのです。さらにもし下痢でないならば、貴方はなんというラッキーボーイ!この世の生きとし生けるものに感謝し、父に、母に、兄弟に、そして神に平伏すが良いっ。



読書記録(29)  小林泰三『ΑΩ』
タグ:読書
posted by あいだ at 22:22 | Comment(3) | 空想する

2010/03/12 Fri

新番組くとひゅーるひゅー!


 不本意な死を遂げた者の魂がこの世に残留するのと、不本意な睡眠におちた私が夜中に何度も目を覚ます現象は、どこか似ている。

 「眠る訳にはいかない。まだやり残したことがあるのだから」

 しかし、どうすることもできないのだ。肉体は既に己の支配下にはない。まるで見えざる存在に操られているかのように、闇へと引きずられていく……それはどこか懐かしい、太古にこの世を支配していた大いなる存在……。


 起きてようと思ってたらいつの間にか寝ちゃって夜中に目覚めたけど起き上がって電気を消す気力もなくもうどうでもよくなった時、そんな宇宙的なものを感じます。嘘です。あいだでした。



読書記録(28)  小林泰三『密室・殺人』
タグ:読書
posted by あいだ at 22:22 | Comment(0) | 空想する

2010/03/10 Wed

コメ騒動


一時的に回線を切られてる間、コメントに大量のスパムが書き込まれていたんだ。通知メールが十件を超えたあたりで携帯から通知だけオフにしたけど、その後も一分間に一、二件書き込まれ続け、美容院から帰った頃には一つの記事に二百件以上コメントがついてた。軽く感動した。このままいくとこまでいこうかとも思ったけど、削除するのが面倒になって本文に書き込まれてるURLをNGワードにして、とりあえず収まった。で、夕方頃にまた怒濤のコメントラッシュアワー(スリー)が始まり、もうめんどいから今度はhttp://をNGワードにしてしばらく様子を見ることにした。未だに異常なアクセスが絶えないので、NG設定で抑えられなくなった時は認証コードを設定するかもしれません。コメントに制限かけたくないんだけどな…。大量スパムなんて、いつか沖縄料理店を経営して業者からランチョンミートを仕入れる時まで縁がないと思ってたよ。今回の騒動(総動員数一人)で「いつまでも親がいてくれると思ってはいけない」的なことを学びました。

ところで、美容院で髪を切られてる間は何をして過ごしますか?私は、この後の支払いでお金がなかった場合どうやって切り抜けるべきかを考えてることが多いです。ちゃんとお金が足りるか、そもそも財布を持ってきたかどうかがすごく心配になってしまう。返品もできないし。入る前に確認しろよとかそういう次元の話じゃない。確認しても鞄の中で突然蒸発したりしてないか心配になる。同時に、自分のくだらない妄想で笑いそうになるのを必死にこらえるのに徹してることが多いです。病院に行こう。
posted by あいだ at 22:22 | Comment(2) | 雑記

2010/03/07 Sun

総カツ


一月三十日から通い始めた自動車学校。本日三月七日、無事に卒業いたしました。一ヶ月と一週間前までは車の運転なんて出来なかったのに、今ではもうこんなに……って程でもないか。卒検は基本的なミスの連続で、ギリギリ合格しました。受かったからいいけどね。

長かったような短かったような日々は、苦しかったような辛かったような。親に報告すると「早かったね」と言われたけど、最短クリアはできず、そこそこオーバーしてしまいました。技術よりも人格を否定してくる指導員がもう嫌いで嫌いで、その人に当たった回数だけ伸びてます。元は二輪の人なので予約で乗る日はまず当たらないから安心ですが、キャンセル待ちの時は配車券渡されるまでは毎回緊張で吐きそうでした。基本的に初めて当たる人だと吐きそうになってた。というか教習所に行く一時間前から帰宅するまでは毎回吐き気催しちゃって催しちゃって。全体を見たら、良い人の方が多かったけどね。板東さん似の人がいるって以前書きましたが、他にも声が南海キャンディーズ山ちゃんに似てる人や、喋り方が大木こだま師匠に似てる人、舘ひろしや松田龍平似のイケメンもいました。この自主経路が終わったら見きわめだ!って日に、駐車車両を避けるのと同時に目的地も通過した時は本気で泣きたくなりました。高速教習では海老名SAのトイレの綺麗さに感動しました。速度を上げながらふと「この手をちょっと右に動かしたら死ぬんだなぁ」と考えると、ついやってしまいたくなる自分に気付いて引きました。殺されそうになったり死にそうになる夢を頻繁に見るようになりました。

正直、運転はもう御免です。入校した時にもらった食堂無料券五枚が余ってるので、飢えたらまた教習所に行くかもしれません。明日からは残り短い春休みを満喫したいと思います。

posted by あいだ at 22:22 | Comment(2) | 学校

2010/03/02 Tue

地デジラフ


テレビが反抗期、と報告しましたが、今日新しいテレビがやってきました。去年の秋モデル、レグザの32型です。同時にDVDレコーダーも買い換えました。今まで使っていたDVDレコーダー(ディスク再生できない歴一年)は現在リビングにあるテレビデオ(見てないスカパー契約歴数年)に繋がれてます。壊れたテレビは15インチぐらいのブラウン管でしたから、ほとんど二倍ですよ。今までのアス比では見えなかった両端の部分まで見えるので新鮮です。こんな風になってたのねー。当然テロップが端で切れてしまうこともなくなりました。右上の「アナログ」も消えました。そして言うまでもなく、革命的な高画質です。今までのブラウン管で見てた、ハイビジョン映像のCMくらい綺麗に見えます。通販とかでやってる高画質なテレビの映像って、別に高画質じゃないテレビで見てもなんか綺麗に見えるの何でだろうね?



読書記録(27)  赤川次郎『ふたり』
タグ:読書
posted by あいだ at 22:22 | Comment(0) | 日常

2010/03/01 Mon

Seesaaブログカスタマイズとモバイルとわたしとさかな


なぜ「ギョギョー!」なのですか?「ウオー!」ではだめなのですか?


……はい、そんな事業仕分けごっこ(さかなクンの鳴き声編)はさておき、今日も元気にSeesaaカスタマイズネタで角を攻めていこうと思う次第でございます。前回に引き続き、携帯向けのデザインを少しでも使いやすく!をモットーに、マイナーすぎるポイントを解説します。解説というよりは、勝手に変更した箇所の覚え書き程度ですが、何かの役に立てれば幸い。




◆コメント投稿者の入力したURLのリンクを名前に張って、コメント情報を一行で表示させる
posted by あいだ at 22:22 | Comment(0) | Seesaaカスタマイズ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。