2010/07/29 Thu

心配してくれんなよなー



社会に出たくねぇ…が口癖のあいだです。火曜に面接を受けたバイト先から、無事に不採用の連絡がありました。

そこはかなりお高い懐石料理などを振舞う本格的な和食屋さんで、面接の時に初めてお店に入ったんですが、和食・寺・茶室・和服・陶器フェチの自分には、かなり魅力的なお店でした。食器は全て手作りで陶芸教室も開催してるらしい。お庭に置かれた陶器もかわいかった。面接は全部で五分間程度、精一杯考えた志望動機などは訊かれず、自宅からの距離や週何日働けるかなどを中心に訊かれ、私は「はい」とか「大丈夫です」くらいしか言う隙がありませんでした。(やることなさすぎて)深夜でも毎日でも働けます!と答えられるのはいいけど、過去のバイト経験って短期郵便局くらいで、やっぱり接客未経験が良くなかったのかなぁー。唯一アピールできそうな質問が「将来の夢」でしたが、来年の自分すら見えない状態……。いいとこないなー、こいつ。でも本当に素敵なお店だったので、逆に私なんか雇ったらマズそうなくらいで、自分のためにも社会のためにも、これで良かったのかもしれません。思ったよりもショックは少ないです。こういうことでもないと一生入れなさそうなお店だったもんね。というか、フラれてからますます好きになってる気がします。ツレないところがイイ!というストーカー気質。来るもの拒んで去るもの追い回す。いつか働いてみたいなー。リベンジしたいなー。

また一から働き口を探し直しです。だけど電話の掛け方や履歴書の書き方はもう予習済みだし、あのお店より緊張することはないだろうと思うと、少し自信がつきました。ビクビクしてた頃よりはずっといいぜ。もう引きこもって電話を待つ必要もなくなったので、また夕暮れ時に徘徊して、ヤマダの携帯会員になって、スカイプ始めたからマイク付きのイヤホンを買って、家着いたらライブのチケット届いてて、A200番台って結構よくね?って小躍りして、四日間の登山旅行へ旅立った両親を見送って、イヤホン音悪!とか録音した声キモ!とか言いつつ姉と電話でふにゃふにゃ語って、今に至る。そんな訳で元気です!よーし、明日からまたしばらく充電するかー!

posted by あいだ at 23:59 | Comment(0) | 日常

2010/07/28 Wed

暁に産卵する虫



突然ですが君たちにはいつも感謝しています。本日もその「何言ってんだこいつ」の目で冷たくあしらってくださることを期待します。そう、眠れない夜に誓ったんだ、僕は何かを成し遂げるまで恋人は作らない。


……はい、早速冷たい視線どうもありがとうございます。作らないじゃなくて作れないんでしょ?とかそんなことは大事じゃあない。作らなかったという結果に至るなら同じこと。性別を指定しないところがミソですね。たとえ慕ってる女の子から告白されることがあったとしても、「じゃあ一回だけ…」などとは言わず、優しく丁寧に断りますとも。そして何で急にこんなことを思い付いたかっていうと、きっと私、ありきたりな女の子になりたくないんですね。

……はい、はい!ありがとうございます!その蔑むような視線が何よりのご褒美です!私が男性だったら「彼氏欲しー」しか言わない子イヤですよ。まぁ私が男でその子が可愛かったら「じゃあ一回だけ…」ってなるかもしんない。抱かれたい芸能人とかを訊かれて平然と答えられる女の子にもなりたくないんです。目に映るオスを全部イエス・ノーで判断するみたいなのは、それはそれでいいのかもしれないけど、とりあえず私には似合わないのでやめとこーやってだけの話です。そういう子がいるのは別に否定しません。みんな好きなように生きればいいと思う。

だいたい好きだから→告白しようっていう発想が当たり前すぎる。忍ぶ恋や恋煩いなんてもう死語ですか。別に流行る必要もないけど、もう少しこう、片想いの時期を楽しまないともったいなくないですか。実らなくても好きになってよかったって思えたらいいじゃない。わかんねーよって人はハチクロを百回読みましょう。いま私が「好きなひと」で真っ先に思い浮かべるのは友達の女の子で、所有する予定も勝算もないけれど、彼女に恋してから世界がキラキラしてるし、あの子が惚れちゃうくらい優しくて頼れる紳士になろうと思えるんだ。普通じゃなくても、間違ってるなんて言われる筋合いはないでしょう。まぁ本音を言うと、ちょっとぐらいスキンシップしたいっていう気持ちもなくはなく……はい、期待通りの氷点下のまなざしありがとうございます!もうほんとその、蟯虫を見るかのような目が我々にとって何よりの……えっ?靴を舐めてもいいんですか!?



変態という名の紳士にならなれそうです。

posted by あいだ at 14:03 | Comment(0) | 空想する

2010/07/24 Sat

アドレナリンぶっ垂れサタデー



渋谷Bunkamuraで開催中のこの展示に行ってきました。

高校時代、世界史の資料集で見た「農民の踊り」は心の中に強く残っています。当時Nちゃんとこの絵をまじまじと見ていろんなツッコミを入れたのを覚えています。どうして手前のおばあさんは小さいの?この表情は何なの?見れば見るほど不思議。


今日の展示は版画ですが、三時間ずぅっと、ツッコミが止まらなかった。


版画とは思えない詳細な描き込み。ほんっと細かいの。しかも訳わかんないの。見れば見るほど引き込まれる。一枚一枚、何度も「作品に近付かないでください」って怒られながら顔を近付けて端から端まで見たけど、それでもたぶん半分以上見落としてると思う。一センチ目線をずらす度に違う発見があるのよ。一人の人間が一生のうちにこんなに描けるなんて!それにしても状況が全く訳わかんなくて、いや神話のモチーフが描かれてる部分は分かるんだけど、周りのこの変な人たちは何!?どうしてこうなった!常人が思い付く範囲外の発想にツッコミつつ、これはこうじゃね?って勝手な憶測を妄想するのが楽しい楽しい。

何より世界観がすごいのよ!魚や鳥、分類もできないような訳わかんない生き物、全部どストライク。中でも一番は「大きな魚は小さな魚を食う」。魚類フェチやクトゥルフ的混沌が好きなら涎が止まらないと思う。後ろで釣りしてるオッサンもなかなかニクい演出してるよねー。この絵のアニメーションも面白かった。とくに左後ろで魚くわえてる足の生えた魚は、もう抱いて寝たいくらいすき!この子のスタンプは押しまくった。靴下(ブーツは裕福の象徴でそれを風刺しているんだとか)履いてるのがまたかわいい…。


去年もルーブル美術館展へ行って巨匠の絵をたくさん見ましたが、今まで出会った中で私はブリューゲルの版画がダントツですきです。かなり、かなり!!満足しました。来月末頃までやっているのでぜひ!鑑賞するだけじゃもったいない、妄想が得意なお友達を連れてこの世界を堪能してほしいです。

posted by あいだ at 23:20 | Comment(0) | 出かける

2010/07/23 Fri

昨夜の不安定クイーン



昨晩はあのあと二時間弱、近所を徘徊しました。さすがの猛暑日先生も七時前になると恐れるに足らず、少し汗ばむものの、熱中症や日焼けの心配はなく風も心地好い。何より外を出歩く人が少ないので快適。時に他人というものは、梅雨時の湿度よりも鬱陶しく、真夏の日射しよりも厳しく心を傷つけるものですからネ(笑) うん、どうあがいても明るい文章にはならなかった。あいだです。

バイト先候補まで徒歩でどれくらいかかるか試しに歩いてみよう!と思い立ち、まぁ自宅からほぼ一本道で十分程度だろうと踏んでいたのですが……道中、ありえないぐらい大量のミミズが道にへばりついてたため歩くのを躊躇したのと、いかにも何かが生息してそうな生い茂った木の下を通るのがあまりにも怖かったため迂回したので、実際には十五分ちょっとかかりました。先が思いやられる…。私にお金があったらあの木を伐採してやりたいところですが、お金があったらそもそもバイトに行く必要もないという。世の中うまくできてやがる。

だけど、今の私は、もう木の下恐怖症で縮こまるただの不審者ではありません。そう、日傘!日傘があるのだよっ。日傘を差していれば、木の下に何かがぶら下がってても防げるじゃないか。恐れるに足らん。だけどよく考えてみると、防ぐっていっても日傘にはくっついてしまう訳で、それに気付かず日傘を差し続け、ふと上を見ると、傘の内側に蠢く影が……とか想像したら泣きそうになった。日傘の外側が粘着テープになってれば内側には来ないな、ってそれはそれで剥がすのが苦痛……じゃあ外側が、針状になってれば串刺しに、ってうぁああああああ


徘徊の目的はヤマダ電機へ行くことだったんですが、例の金色のカードを機械に差し込み来店ポイントがもらえるシステムの廃止を今更知りました。ガムテで封じられたカード挿入口を見て落ち込む。気を落ち着かせるためにブックオフへ行くが、また集め始めようと思ってたジャガーさんが14巻まで(←持ってる)しかなくてへこむ。暗い夜道、どこかに悪が潜んでるかもしれないと臨戦態勢で歩いて疲れる。疲れてるのに空腹と蒸し暑さで眠れない。地上で地獄を見つけることに秀でてる。この特技は履歴書に書いてもいいものか。

posted by あいだ at 18:31 | Comment(0) | 日常

2010/07/22 Thu

とか言ってないでやってみな



よっしゃー!試験終わっ……あ、まだ月曜日に一教科あった。でも実質今日から夏休みです。夏の予定→今週末に美術館、八月はライブとプール、九月はディズニーのハロウィンとライブ。気が向けば合宿。うん、どこにそんな金があるんだっていう疑問が浮かばないでもない。

比較的お金がかからない人間であるにも関わらず、お金をねだるのが苦手で無駄に定期代を自腹で払ったり、ピロウズに関しては財布がゆるゆるであったりするので、高校時代に短期バイトで稼いだなけなしの貯金は地味に底が見えつつある。先月からのお小遣い制とお弁当配給の再開がものすごく助かってる、でもそれで油断して衝動買いしたりするから油断できない。油断できないとかじゃなくて自粛するべきだよね。お金=たまに手に入るとラッキーなもの、まずはこの甘ったれた概念をぶっ壊したほうがいいよね。具体的に言うと働くべきだよね。

大学受験終了以降「バイトやろうと思うんだ」って言うだけの日々を過ごして約二年、二週間前からタウンワークに手を伸ばし「マッサージ師になりたいなぁ」とか余計な妄想をするくらいには進歩しました。昨日は求人サイトを見ながら、塾講師になって「せんせー彼氏はいますかー」って男子中学生にからかわれる妄想から、男子高校生に言い寄られて「先生と同じ大学目指す」的なことを言われる妄想に耽りました。うん、着々とステップアップしてるね。ダメ人間への道。


真剣にコレいいなーと思う求人もあったので、ちょっと店を覗いてこようかな。だけど日中はアホみたいに暑いから、夕方以降で……あっ、ご飯の時間だから、やっぱ明日で!タダ飯、タダ飯〜。

posted by あいだ at 18:30 | Comment(0) | 日常

2010/07/20 Tue

冥界警備員エレキシュガル



いやーもう、気温三十度を超えると、死の淵をさまようかのごとく足取りが不安定になりますね!ちょっとでも血圧の上がる動作をしようものなら、何かがプッツンとなってバッタンしそうで、恐る恐る歩かざるを得ないから、太陽の恩恵・怨念を大いに受けているヨ!ここまでくるとあぶらとり紙も所詮紙だなって思わされるよねー。無限に湧き出る不快感を吸い取ってくれはしないけれど、心の中の潤いはどんどん枯れていくっていうか……はい、永遠の貧血ドリーマー(病気的な意味で)、あいだですっ。今日もすこぶる明るくいこー!


ヨーカドーで安い日傘を買いました。高校時代から憧れてたアイテムの一つ。日傘に合う服がないだとか、手持ちと折りたたみどちらを選ぶべきかわからないだとか、そんな理由で買うのを躊躇っていたのです。私の中では「折りたたみ式は何となくエレガントでない」という先入観があったのですが、今日売り場で見た限りでは、折りたたみでも雨用のように平らにはならず、自然な丸みで手持ちと同じようなエクセレントを演出できることが発覚。ただし、しまうのがすごく大変。雨用とは折れ方などの構造が異なり、なぜか束ねる紐のボタンも逆についているものが多く、逆に回してまとめるのが難しい。でもきちんとたたまず鞄にクシャっと入れても濡れる訳じゃないし、携帯・定期・タオルなどを素手で持ちたがる私には手持ちだといっぱいいっぱいになるので、折りたたみ式を買いました。これで私もエレファントの仲間入り。気分はお嬢さん。ちょっぴり世間知らずな横浜(の周辺)育ちの箱入り娘。すらりと伸びた白い指はエレクトーンの鍵盤を走り、上品かつエレクトリックな怪物の音色は幕末のエレキテルを彷彿とさせ、奏でられるエレジーによって世の殿方はエレクt


おっとっと、夏ですね。湧いてる頭に降り注ぐ電波を日傘でカットしつつ、ガクガクのサンダルを履いて、ゆるりと上品に歩きましょ。血圧を上げないようにね。


posted by あいだ at 22:22 | Comment(0) | 日常

2010/07/18 Sun

灰原さんは大人女子



昨日の記事でタイトルを考えてる時に、森ガール→沼ガールに続く言葉はあるのだろうかとふと気になって検索してみたところ、「井戸ガール」という言葉がヒットした。ゆるいファッションを好むのが森ガール、森ガールになりきれていないのが沼ガール、そこからさらに質素を通り越して、なんかもう霊的なものに近付いてしまったのが井戸ガールだそうだ。薄汚れたワンピースと長い黒髪ストレートを好み、テレビから出入りするようになれば今日からアナタも井戸ガール!ってアホか。そんなの街歩いてたら通報されるわ。まぁ私もちょっと前に井戸人間になりたいって言ってたけど……そういう意味じゃないよ!確かに黒い直毛で、小汚い服をよく着てるし、暗くてジメジメした場所が好きだし、ちょっぴり引きこもり気味だけど……あ、あれ、私、井戸ガールじゃない、よね……?


「〇〇ガール」「〇〇系女子」「女子力」「レディースデー」……いい年して自分をガールだ女子だと言い張り、淑女のかけらもないのにレディー扱いされたがる。女ってだけで得することは多いけれど、その特権すら享受できず差分を埋めようともがくのに比べたら、大衆に混じった方がずっと楽そうだ。女の子はちょっとおばかさんなくらいがかわいいんだよ。甘えられない女なんて損しかしないよ。だから私は紳士になりたい。君に魅力がないんじゃない、世界が君の魅力に気付いてないだけなんだと、優しく励ませる紳士に。そして井戸で暮らそう。時々誰かを引きずり込もう。もちろん食事はキュウリのみだ。たんと召し上がれ。

posted by あいだ at 23:08 | Comment(2) | 雑記

2010/07/17 Sat

菌ガール



そういえば試験期間です。何というか、ただただボンヤリと消化しています。これといった手応えもなく、かといって後悔もなく、まぁ試験中は最悪の気分なんだけど、終わってみると何の印象も残らないというか。試験前だって「昨日寝ちゃったから何にもやってないんだよねー」みたいな、勉強してないアピールで予防線を張る気力もありません。別に何もやってない訳じゃないしな。可もなく不可もない程度に勉強してるから、きっと微妙な結果が返ってくると思います。私のテスト人生って何てつまらないんだろう。ずぼらだから試験前はだらしなく過ごすことが多いけど、普段の授業は真面目に受けてるから、本当に「それなり」なんだよね。いっそ0点取ってやろうかとも思うけれど、今更それやったって普段の真面目な出席点と中和されて、結局良くも悪くもない微妙な成績がつくんだろうなぁ。誰からも叱られないし、誰からも褒められない、誰も関心を持たない、そんな愛されない人生……あいだです。今日も梅雨よりジメジメした暗いテンションでお送りいたします。


そんな私にカラッと嬉しいニュースが!今夜からBShiでなんと六夜連続!スターウォーズシリーズが一挙放送されるらしいのです。た、たまらん。もう録画してDVDに保存して試験明けたら一挙再生しようと思います。やったー。ちなみに予定より一週遅れてスタートしたプライミーバル第三章は、せっかく録画した第一話が、消されてました。なんてことだ……やっぱり私の人生なんて報われないことばかりなんだ……暗くてジメジメしたところで一生過ごそう……。

posted by あいだ at 22:22 | Comment(0) | 学校

2010/07/16 Fri

嚥下時リング



喉観察。のど飴舐めながら眠ってた頃に比べれば、喉はだいぶ良くなりました。腹筋は相変わらず痛いです。それから、昨日の夕方あたりからずっと喉に何かがくっついてる感じがして、新たな不快感と闘っています。お食事中に恐縮ですが、どうやら鼻水が喉に流れ込んでへばりつくことがあるらしく、私の喉にも限りなく固形物に近い何かが居座り続けているようです。どうあがいても取れません。食べてる時は平気だけど、話していると喉に違和感をおぼえ、咳が出て声が上ずる(そして腹筋が痛い)ので、今日も比較的無口に過ごしました。かなしいな…。

昨日は薬を学校に持っていくの忘れてしまいました。もうほぼ治ってるから体調的には飲まなくてもよさそうだけど、薬漬け生活が延びてしまうのが精神的につらいです。本当に、飲み込むのが下手なんです。イカのお刺身とか噛み切れないものはあまり好きじゃありません。あと朝食に食パンを食べてる時、咀嚼してから飲み込む過程が、急におかしく感じて、食べづらくなることが稀にあります。病気とかではなくて何ていうのかな、意識しない時は普通にできるのに、意識しだすとできなくなるのよ。ゲシュタルト崩壊、はちょっと違うか。神経症?真骨頂?

まぁ意識しなければ何ともないので、錠剤も食後時間を空けずに、食事の延長として勢いで飲み込めばいけます。さらっと飲めるのは三回に一回くらいかな。家だとほとんど失敗します。今日も晩ご飯のカレーを食べた後、しばらくハウル見てたら薬飲むの忘れてるのに気付いて、時間空いたから飲めないんだよね、水を何度もおかわりして強引に飲み込みました。ほとんど溶けたけど。しかもふやけた薬が喉にくっついちゃって、しばらく取れず、悲惨なことに…。水飲んでも流れないのでしようがなくカレーをおかわりしたら取れました。しかし鼻水的な何かは相変わらず残ってる。カレーもう一杯食べたら治るかなぁ?
posted by あいだ at 22:22 | Comment(0) | 美容・健康

2010/07/14 Wed

アホ不足


咳しすぎて腹筋が筋肉痛になった。息を吐くタイプの咳をすると勘弁して!ってくらい痛くなるんだ。こんなのはじめてだ。でもその痛みを避けるために自然と口を閉じたまま「ンッン゛!」ってやるタイプの咳をするようになったせいか、心なしか喉の負担が軽くなった気がする。この表現でちゃんと伝わるのかしら?正式名称がわからないから何と表現すればいいものか、非常にもどかしいんだけれども……こう、病気じゃない時にすると「空気読もうか?」的なことを示唆するというか、青信号に気付かない車に対する後続車のクラクション的なポジションの……そう、「咳払い」だ。正式名称があるならあるって言ってよね!


とにかくまぁ腹筋の痛さに比べれば喉はだいぶマシになりました。まだ会話と食事が少しつっかかりがちだけれども。最近日本語がだらしないんで、体調観察日記についでにリハビリとして、更新ペースをあげられたらいいなと思います。どうぞよろしく。
posted by あいだ at 22:22 | Comment(0) | 美容・健康

2010/07/12 Mon

夏の風物詩・顔面蒼白



発症してから一週間も経ってしまったけど、いまだに喉の痛みが続いていたので、しぶしぶ内科に行きました。まぁ三分くらい診てもらって、「喉も腫れてないし普通の風邪が長引いてる感じ」と診断され、五日分の薬をもらって終了。ですよねー。たいしたことなくて良かったんですが、その割には薬が多いのが気になります。毎食後に粉末と錠剤五粒……たった二錠のせきどめを十回以上吐き出しながら飲んだ私には、咳よりむしろ薬がつらいです。

とにかくこれで安心して学校に行ける、と思って午後に家を出て、歩くこと十分、駅まであと五分といったところで鼻血を出してしまいました。とはいえ一週間前に自宅で鼻血を出した際にネットで正しい鼻血の止め方を習得したばかり、さっとタオルとティッシュを取り出し、周囲にバレないように隠しつつ鼻をつまみ、歩き続ける私。しかし思ったより量が多く、そのまま駅のトイレまで歩くつもりが、タオルじゃ防ぎきれなくなって、ひとまず道端の物陰に避難しました。惨めすぎる。

止血したら歩き出そうと思っていたら、あらあら、止まらない。ついには車道に背を向けてうずくまる始末。通りすがりのおばちゃんがティッシュとビニール袋をくれました。ティッシュを換えるために手を離すと血がコンクリートに滴り落ちました。仏具屋さんの裏でこんなに血流したら罰当たりかなぁなんて考える余裕もなく、十分くらい鼻を押さえてうずくまっていました。しばらくすると通りすがりの男性が「すぐそこに保健福祉センターがありますよ」と教えてくれました。そいつは盲点だった、ここから歩いて二十秒くらい、でもその間に血まみれの顔を知り合いに見られたら…なんて余計なことを考える余裕はあったので少し躊躇いましたが、背に鼻はかえられぬ、顔を赤らめながら大通りを横切ってセンターに入りました。玄関でセンターのお姉さんに「鼻血の子?」と声をかけられたので、さっきの男性が通報してくれたんだと思います。ナイス通報!

お姉さんの手厚い介護を受けて、しばらく横になって休ませてもらいました。タオルが絞れるくらい出血しました。一体顔のどこにこんなに血があったんだよってくらい。当然学校は休みました。帰って布団に横になったけど、夕方にまた軽く鼻血を出しました。私は「Tシャツがピンクだから目立たなくて良かったなぁ」と思いました。


こう、道端でくたばると、「今年も夏がやってきたなぁ」って感じがしますね。
posted by あいだ at 22:22 | Comment(0) | 美容・健康

2010/07/11 Sun

お天道様が見てる



「信号を守る」これが私のジャスティス。


別に常識じゃね?と思うでしょう。でも車なんてリヤカーしか走ってないような過疎地や、大股一歩で渡れるくらい短い横断歩道では、まぁいいやって渡っちゃう人が大半じゃないですか?私はどんな道でも信号機があればそれに従いたいんです。優良歩行者という名の信号機の犬になりたいんです。

「信号も守れない男に女は守れない」と思ってるくらいです。でも急いでたらしようがなくね?と思うでしょう。それがダメなの。そんなのは自分で「計画性も余裕もない人間です」って言ってるようなものなの。大人なら十分前行動は当たり前、それどころか予定の時刻までスタバで経済新聞を読みながら一服できるくらいの余裕をもつのが望ましいのです。でも周りに誰もいないならよくね?と思うでしょう。それがダメなの。子供が見てたらどうするんですか。そもそも「バレなければ何してもオッケー」って考えを持ってる自分を恥じないところから良くありませんね。どんなに頑張って生きたって人生に汚点は付き物です。ただでさえ罪深き生き物なんですから、自ら進んで罪を重ねることはないでしょう。信号無視という行為よりもむしろ、それを許してしまう心を戒めていきたいです。

ただし「クソッタレ社会が決めたルールなんかより大事なもんがあるんだぁ」って時は信号無視もやむを得ないと思います。たとえば自分に内緒でロス行きを決めた彼女がいる空港へ向かってる時とか。まぁ普通に生きてたらそんな状況は全くなさそうなので、凡人はせいぜい赤と青の単純な命令に従うだけのロボットと化せばいいんじゃないでしょうかね?

posted by あいだ at 21:42 | Comment(2) | 雑記

2010/07/10 Sat

おひさしブルース



日曜日に頭痛・発熱・腹痛、月曜日には治ったんだけど、咳だけはひどくなる一方。食べるのと、喋るのと、授業を受けるのがつらいです。日常の楽しみと唯一の義務を奪われ、正直なんかもう今は息するのがつらいです。

のど飴・ミンティア・トローチ・イソジン・のどスプレー・頭痛薬。いろんなものを試してみましたがどうにも良くならないので、風邪じゃなくてのど系の病気なのかな、と思いつつ横になって漫画読んだりネットでぬ〜べ〜見てたりします。精一杯できることをやろうと思うんだ。

のどと関係あるのかわかりませんが、最近眠ってる間に変な声を出すようになりました。「んくっ!」とか、「ぐる?」とか、「☆※∧〒→○」みたいな声を出して、自分でびっくりして起きるのが多いです。あと口の中が全体的に変な色で、舌が気持ち悪い模様になってます。あとたまに歯が痛みます。あと先月の同窓会で再会した男の子から頻繁にメールが来るのにちっともときめきません。ついでにUNOで勝てません。


これらを総合して考えると、たぶん、夏バテとかじゃないかな。

posted by あいだ at 11:43 | Comment(2) | 美容・健康

2010/07/04 Sun

しまむ論


しまむらって「普通のオシャレな店の服とほぼ同じだけど何かが惜しいもの」が多いですよね。「ここがこうなってなかったら買うのに…!」って思うことよくありませんか。プリントが気に入ったTシャツだけど変なスパンコールがギラギラしてるのがちょっと…とか。ボタンがギラギラしてなかったら買うのに!とか。でもあらゆるファッションを広く網羅してるので、普通のオシャレな店で買ったものとほとんど同じデザインで安い服があったりして、そういうの見つけちゃうとちょっとへこむ。あと買ってから「何これすごいほつれやすい!」って気付くこともよくありますね。私が適当に選ぶからいけないのか?

こう、白くてファッサーって羽織れて夏でも着られる布が欲しかったんだけど、ハニーズでこれかなーと思ったのが二千円ちょっとする。しばらくサティを徘徊してみると、どこの店も似たような布がある、でもお値段がちょっといただけない。そんな時はサティの目の前にあるしまむらに賭けてみる。今回はたまたま探してたような布が千円で見つかった。しまむらを信じてよかったなぁと思いながら無事に購入。でもこういうのは稀で、裏切られることのほうが多いからね。ほぼ探してたものと同じ、だけど「このショッキングピンクのアクセントいるの!?」って時とか。……なんかあれですよね、しまむらの服って「母親が年頃の娘のために一生懸命雑誌を研究して作った服」って感じがしますよね。ほぼ合ってるんだけど何か違う、みたいな。夜なべして縫ってくれたのはわかるけど、え?この刺繍ってピカチュウのつもり、だよね…?みたいなそんな感じ。他の店と似たり寄ったりでとくにコンセプトのない服が多いけれど、しまむら自体は唯一無二の存在ですよね。ファッション界のおかん的ポジション。「しまむらはダサい」って言う人は、きっと反抗期なんでしょう。ワガママ言ってたら着させませんよ!

.
posted by あいだ at 22:22 | Comment(0) | 美容・健康
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。