2013/03/30 Sat

カリッと、パクッと



せっかくだから三月の思い出を書いていくぜ!


上旬は主に旅行していました。まずはここ。


DSCN3882.JPG



はい!どう見ても、石川県ですね。

昔は親戚?に会うのが憂鬱であまり好きじゃなかったけれど、ここ数年は行く度に好きになってます。今回は、青いポリバケツに詰め込まれた牡蠣を焼いて食べるお店に連れてってもらいました!ワイルド!


DSCN3878.JPG



焼き牡蠣+牡蠣フライ+牡蠣の炊き込みご飯のコースに、牡蠣フライの皿を追加という豪食ぶり。



そいで石川県から帰宅した翌日、夜行で京都に行ってきました。


DSCN3944.JPG



予算=欲望が尽きるまで、くらいの贅沢旅行でした。一泊目はいい旅館にて和牛のしゃぶしゃぶ。有り得ないくらい美味い肉でした。二泊目は仁和寺に泊まって朝の勤行と湯豆腐付き。夜行バスも無駄に豪華なのに乗りました。カーテンで個室みたいに区切れたり、音楽や映画を楽しめるモニターがついてたり。どこでも寝れる体質の私には無駄すぎるほどに、快適でした。


DSCN4029.JPG



専用のWebページまで作成してはりきっていたことは以前ここにも書きましたが、もっともっと観光を楽しむために、観光ガイドさん並に案内するべく、各観光スポットごとに由緒やご利益、豆知識を調べ上げカンニングメモまで作成して、

「哲学の道っていうのはね、西田幾多郎っていう哲学のエラい人が、この辺ウロチョロしたから思索の小径って呼ばれたのが始まりでね……西田哲学っていうのはつまり……」

などと(時々携帯を盗み見しながら)語って歩いていました。たぶん聞いてる側は右から左だろうけど。


私は何度行ってもまだまだ行きたい場所は尽きないくらい、京都が好きですが、今回の同行者・T君は、はじめはイイネーイイネーと、親指を立ててはしゃいでいたものの、観光一日目の夕方になって

「お寺とか飽きたから明日はUSJ行かね?」

と真顔で言い出して困りました。おまえ。


なんだかんだありましたが、当初の予定通り三泊四日を京都で満喫。天候にも恵まれていい旅行でした。自宅へのお土産は上林の薄茶「極昔」、高校時代に借りた(まま返していない)茶筅を使って、時々ドヤ顔でお茶を点てては、京都および石川に想いを馳せています。隙あらば来襲したいです。



DSCN4067.JPG



posted by あいだ at 23:54 | Comment(0) | 出かける

2013/03/29 Fri

これでよかったんだ



ちょっと前に、久しぶりに大学へ行ったら、よく会う友達も、しばらく会ってなかった友達も、勢ぞろいで、みんながみんな、お姫様みたいな格好をしていたんです。

ふしぎだなぁ、でもみんな素敵だなぁ、って思いながら、ゼミの教授、一年の時のクラス担任、親友、友達、知り合い、初対面の人、それから両親、なんだかいろんな人にカメラを向けたり向けられたりしていました。夕方頃になって、今日はなんだか楽しかったなぁ、いい一日だったなぁ、って思いながら、重い衣装を脱いで、電車に乗って、はじめて、あぁ卒業したんだ、って気付きました。


正直、ひたすらアホみたいに真面目に授業を受ける、それ以上でもそれ以下でもない私の四年間は、部活や文化祭のあった中学高校時代に比べたら、たいしてドラマティックなもんじゃないんだけど、私自身は、人生で一番いろんなことが変わった時期だったと思います。

本当は書き切れないくらい、ほんとほんと色々色々あったんですが、一番の変化は、自分の笑ってる写真が多くなったことで、その一点に集約しておきます。数年前までは、笑顔どころか、自分の写ってる写真でさえレアでしたから。でも今は、未来の自分に見せたいくらいには、現在の自分が好きなんです。今は写真を眺めながら、なんてかわいいだろう、世界一かわいいなぁ、と本気で思えます。もう少ししたら、「あの時は綺麗だった」なんて思ってるのかな。


語りたいことはたくさんあったのに、なぜだか何も書く気も起こらず、それどころか何もする気力が湧かないまま三月が過ぎ去ろうとしています。惜しいような気はしますが、「何も語れなかった自分」もそれはそれで尊重してあげたいです。





P1060618.jpg



posted by あいだ at 23:46 | Comment(0) | 学校
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。