2008/07/08 Tue

痒いメルヘンも乙女には媚薬


いまだにすんなりと定期を継続できた事がない。必要事項を紙に書いて駅員さんに渡すだけなのに、学生証忘れたり、書かなくてもいい項目に余計なこと書いたり、平成19年って書いたり…、別にたいしたミスでもないんだけど、たいした事ないミスをした事がない。今日も書かなくていいのに名前書いて、日付を微妙に間違えたので、100点満点でいうと74点くらいです。あ、バスの定期の紙取ろうとしたからもっと下かな。ボールペンの持ち方もアレだから51点くらいかも。こういう凡ミスや無駄をなくして、ついでにお金もお釣りがないようにピッタリ出して、笑顔で礼を言って去るくらいの完璧な継続を一度はしてみたいものです。誰が褒めるでもなく完璧な自己満足ですが。てか、あの定期売り場にいる駅員さんは何であんなに冷たいんだろう…。ホームにいる駅員さんは優しそうな人多いのにね。すごくドキドキする。いろんな意味で。ドキドキする上に、彼の前ではなぜかミスばかり…。少女漫画っぽいね。でも最近の少女漫画ってそういうトキメキ少ないよね。最近の少女漫画がどんなのかは知らないけど。うちにある少女漫画で個人的に一番トキメキを感じるのは放課後チルドレンですね。十年くらい前にちゃおでやってたやつ。子どもっぽい先生と生意気な小学生の恋愛…いいじゃないか。いいなぁ。授業の途中でこっそり抜け出したりしてみたいなぁ。もう年齢的にだいぶ手遅れだけどね。私が先生側だったら隣に住んでるのがわかった時点で手出してる。それはともかくこれ、二巻までしか持ってなくて、何巻まで出てるんだろうって思って調べてみたら結構すぐ打ち切られちゃったらしい。残念だなー。こういうの読むとほんと良い意味で逃避できるよね。十年以上前の少女漫画の世界に住みたい。告白→両思いで最終回。人生も一番幸せな時に終わりたい。そう思うよね。次の定期(十月)を完璧に継続できたら、もうこの世に未練はないです。
posted by あいだ at 22:44 | Comment(0) | 日常
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: