2008/10/29 Wed

チョコレートみたいに熱く燃えるほどとろけるような恋


熱はないけど、帰宅してから頭痛はひどいし、一昨日ぐらいから鼻声で喉が痛い。そして何より、ミンティア中毒になってしまった。うちの母がミンティア好きだけど私は母からたまにもらう以外は滅多に食べないから、ミンティア=からい・眠気覚まし・大人の味っていうイメージをもっていた。始まりは二週間も前になるでしょうか、友達が持ってきたレモン味のミンティア。白いケースに青いロゴのプレーン?ミンティアしか食べたことなくて、初めて食べる味付きミンティアは新鮮でおいしかった。友達はソーダっぽいのが食べたくて買ったんだけど、これなんか違う…と微妙な感想。早弁仲間の私たちは常にお口が寂しい。私は遠慮なくミンティアを要求し、休み時間毎に二人で食べていた。そしてそのお礼に、ロゴにソーダの絵があるアクアスパークを買って彼女に振る舞うと「この味を求めてたの!」と喜んでくれた。私も嬉しくなって毎時間二人で食べた。オレンジカプセルがやばい。五十粒は一週間足らずでなくなった。またミンティアを買おうかと思った時に、どれを買おうか悩まされた。アクアスパークは確かにおいしいんだけど、スカッと感はレモンのやつの方があったなぁ。でも初めてプレーンミンティア=大人の味を食べた時ほどの衝撃はない。アクアスパーク=青春。レモン=大学二年目って感じ。というわけで今度は、ロゴがいかにもミントで歯みがき粉っぽいシャープエバーを買った。学校に持っていって二人で試食すると、からいのなんの。シュガーレスだし。歯みがき粉だこれ。友達と一緒に食べたのはその一度きりで、あれから毎回食べる?と聞いてはいるんだけど一向に首を縦に振ろうとしない。仕方なく私一人で歯みがき粉を食べていたら、このからさにもすっかり慣れて、すっかり病み付き、ミンティア中毒になった。危ないクスリみたいだねと言われながらも暇さえあればミンティアを食べている。ある日喉が痛いと話すとミンティアの食べ過ぎじゃない?と言われたんだけど、それでもやめられない。食べてる間は痛みも和らぐし気持ちいいと話すとますますクスリみたいだねと言われ、あれだけ薬物についての講演なんかを聞かされて知識をつけてもこんなにあっさりと中毒になってしまう人間の心の弱さを思い知る。私は声を枯らしながらミンティアの刺激の虜となり、投与し続けないと物足りない気持ちになる。あぁ、もっと。もっとよ。欲しくてたまらないの。喉の奥が痛くなる程、体が熱くて意識が遠のく程、鳥肌が立つ程、激しくされたいの。そんなわけでミンティアの奴隷と成り下がった私・雌豚は、今日も元気です。いやあんまり元気じゃない。シャープエバーも残り数粒。そろそろ新しいブツを買収しなくては。

ちなみにミンティアは別に喉への悪影響はないはずですのでご安心を。ミントだしむしろのど飴感覚。だけどあんまり食べ過ぎると胃に優しくないそうな。舐めれば問題ないけどね。こんな風にミンティアを崇めてしまうような精神的な副作用もありません。ただあまりにも刺激に飢えてると、こうなるので注意。
posted by あいだ at 23:43 | Comment(2) | 食べる
この記事へのコメント
子供はフリスクで我慢しろ
Posted by tajima at 2008年10月31日 04:00
フリスクとは犬猿の仲です
値段も刺激もミンティアの方がお手頃
Posted by あいだ at 2008年11月02日 08:11
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: