2008/11/17 Mon

なくさないのって難しい


日曜日の夕方、友達に誕生日プレゼントを渡しに行った。うちから徒歩十分、小学生の頃はよく家にお邪魔して遊んだし、中学生の頃は通学路だったから部活帰りにあのマンションの玄関で一時間くらい話し込むのが日常だった。高校生になってからはほとんど足を運んでない。九月にアド変のお知らせが来たけど、彼女との一斉送信じゃないメールのやり取りは去年の夏が最後だった。しかも喧嘩して、私から返信をやめたのが最後。それで気まずくなって、ずっと連絡もなく、たまに姿を見てもお互い無視していた。初めて同じクラスになった小学三年生から、時々ぶつかることはあったけど、そんなのは二日も続かないくらい許し合える仲だったのに、一年以上もすれ違ったままだった。喧嘩の原因はなんとなくでしか思い出せない。あれから変わったねとか卑屈になりすぎだとか、そんな内容のメールだった気がするけど、もう残ってないし残っていた時も読み返すのが嫌だったから忘れてしまった。ただ彼女のいない世界を過ごす。最初の数ヶ月は意地を張っていた。半年も経つ頃にはすっかり忘れて高校生活を楽しんだ。今年の夏を過ぎると、時々思い出して後悔するようになった。そして彼女の誕生日になり。後悔ばかりしている。ごめんなさい。いろんな人と出会って大好きな友達はたくさんできたけど、君のような人はどこにもいない。あの日々は君がいたから思い出に残った。このまま大人になってはいけない。まだ君との思い出を終わらせたくない。…というような恥ずかしい内容を真面目に、くまちゃんのポストカードに書いてプレゼントと一緒に渡した。渡しに行ったんだけど、予備校で帰りが遅いというので、渡してくださいと言っておばさんに預けた。手渡しが一番なんだろうけど、誕生日のうちに開けてほしいし、直接会っても私はアドリブだと何を言うかわからないし、久しぶりすぎてどう話していいかもわからなかったから。犬は元気そうだった。おばさんとちょっと話をして、その日は結局彼女に会わずに帰った。帰ってからいろいろ不安になってメールもしてみた。二行くらいの無難なお祝いメール。返事は来なかった。

ここまでが彼女と先週の日曜日の話。それから返事は来なくて、私は、あぁこれ完全に滑ったなと思った。一人だけ空回り。何言っちゃってんの?とか思われただろうか。とにかくヘコんだ。もうずっとこのままで大人になって、次に会った時は他人みたいになっちゃうのかな。正直きついというか悲しい。

一週間が経った昨日、日曜日。朝布団でもぞもぞしてるとクリスマスプレゼントよと言って紙袋を渡される。見るとあの子からだった。チョコと、チロルと、ショコラと、手紙だった。朝から泣かされた。返信がなかったのは携帯が壊れたからだったらしい。もうとっくに許し合ってたのに、もったいないことをしたよね。あの時から意地を張り続けたことがこの世で一番もったいないことだった。もったいないのは、よくないですね。



posted by あいだ at 13:51 | Comment(0) | 友人
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。