2005/04/24 Sun

浴室に入ったときより急に短くなってんのに家族すらツッコミ無し



髪切ったのに誰からも突っ込まれないZE



そういえば中学一年生くらいから、頭は自分で切ってます。
前も後ろも。
まぁ普通に店まで行って喋くるのが面倒なのと、店で切ると100%不満を持ち帰るからなんですけどね。
すべて不満。すべて妥協。そしてさよなら夏目漱石。

なら自分で切っちゃえー と、思い切ってやってみたら、わりと失敗ではなかったので調子に乗って美容室へ行かなくなりました。最初は失敗がなかったんです。時間をかけて慎重にやってましたから。


ちなみに、私の基本散髪スタイルは「風呂・全裸・ティッシュ」です。
風呂に入るついでに、はさみと櫛を持ち込み膝にティッシュを置いて鏡と向き合ってザクザク切ります。



自分で髪を切るときのコツは、


1.切る前に泣いておく

基本中の基本ですよ。
泣かざる者 髪切るべからず(語呂悪!)ってくらい。
精神的に追い込んでおく。
一人で歯を食い縛って声を押し殺し絶望感を味わうように。


2.出来上がりを想像する

散発とは、目的も無く切るのが普通。
ただなんとなく「切ろうかな」という気持ちで充分が、大事。
っていうかあまり素敵な髪型を想像すると、事が済んだあとで凹むのでオススメしない。


3.切り始めたら徐々にプラス思考にしていく

敢えて散髪の目的を挙げるとしたら、「リフレッシュ」に限る。
ちょっとおかしなテンションでハサミを動かす。
どんな素人でも失敗を気にしなくなる。


4.ときどき笑う

笑顔の方が素敵だよ。
髪型はともかく。


5.入浴時間を気にする

うちは五人家族で、九時から入り始めて、十二時までに全員入ります。
散髪で時間を取りすぎては、折角のバブの効果もなくなってしまう。
最初は普通の入浴+一時間くらいかかってたんですが、最近では散髪自体は十分くらいで終わるようになりました。
ただし、「整える」という作業を省略。


6.うしろを振り向かない

怖いから。
(霊的に)




私が言えるのはこれくらいです。

切った後にシャンプーすると異常に短くなってます。
それを乗り越えるプラス思考が大事。
まぁ結局、自分との戦いなんだよね…。


インターネットで調べておくのもいいです。
上の髪と下の髪でそれぞれゴムなどでまとめて分けて切っていくといい みたいなことが書いてあったのでやってみたら、訳わかんなくなってダメ。
時間かかるしね。
インターネットの情報は常に正しいとは限らないんですよ。
ここがダントツで正しくないと思うけど。




とりあえずお風呂上がったら、床屋行こうか。


posted by あいだ at 23:01 | Comment(0) | 美容・健康
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。