2009/05/27 Wed

三葉虫を生み出す機械



知らないうちにウォークマンの音量が高校時代の二倍になってた。戻してみたら、なんだか物足りない…というか、聴こえない。ウォークマンがおかしくなったのか?そうではなさそうだ。高校は車も滅多に通らないような静かな田んぼ道だったけれど、この二ヶ月で私の耳は都会の雑音ばかり拾うようになり、ノイズキャンセリング機能も役に立たない。言うほど都会でもないのに。また三年後には倍の音量で聴いてるのかな。あ、なるほど、これが老いか…。

だめだ。しんみりしちゃだめ。もっとなんとなくで生きようぜー。というわけで、なんとなく今の欲望を吐き出してみます→ 炭火焼きの何かが食べたい。星が見たい。DVD見たい。中村屋に行きたい。部屋を片付けたい。早く帰りたい。一番風呂に長々浸かりたい。一度も起きずに九時間眠りたい。サンダルが欲しい。ポロシャツが欲しい。星を見たい。炭火焼きの豚肉を塩ダレで食べたい。焼き鳥食べたい。あそこ歩いてるハトを後ろから両手で包み込みたい。早く帰りたい。お手洗いに行きたい。ネギマが食べたい ←以上。

相変わらずの無欲っぷり、こりゃ出家できるわ。すべて望み通りになったとして、幸せか?太るだけじゃないか?とか考えない。私が太っても悲しむ人はいない。目指すは五十五キロ、夢はでっかくゴジラ、角界のメジャーデビューである。さっさと帰ろ。
posted by あいだ at 21:39 | Comment(0) | 日常
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: