2010/06/11 Fri

挨拶までが本編シリーズ第三弾



【モヌモヌ】
 モミモミよりも弾力がなく、不快感をともなう感触を表す擬態語。ホヌホヌより使い道がない。
 「彼の家の便座カバーはなんだか―している」 (対)シュプシュプ


どうも!あいだです。「あたし、いつも、ダムにいる」……略してあいだです。

早くも夏休みの予定を考えております。三年くらい前から訴え続けた「とにかくプールに行きたい」、その野望を打ち明けると何ともあっさりと賛同を得られました。プールに行こう!から、祭り動物園水族館遊園地花火、行こう行こう!って一体いくつ実現できるかは分かりませんが、とにかく夏が待ち遠しいです。

夏の予定といえば、これの先行予約で二日目のチケットを二枚確保しました。スピッツ主催のイベントで、二日目にはピロウズも出るのです!Kちゃんはスピッツが大好きなんだけど、ライブに行ったことはないって言ってたから、これは、素敵じゃない?KちゃんにCD借りて私もスピッツ好きになったし、Kちゃんもピロウズを好きになってくれたし。まさにカレーライスに唐揚げをのっけたような美味しすぎるイベント。でもチケット取れるのか不安だったから、Kちゃんに無駄な期待をさせないよう内緒で申し込んだのです。今までのライブはほとんど私自身が行きたいって気持ちが強く「取れなくてもしかたない」くらいの心構えはあったけど、今回はどうしてもKちゃんを連れて行きたかった。抽選結果発表の日は授業もうわの空。通知メールを確認すると次の日Kちゃんに会うのが楽しみでしようがなかった。まずさりげなく「スピッツのイベントがあるらしいよ」から始め、詳細を小出しに語り、最後に「行きたい?じゃあチケット取ったから行こうか」という下手なサプライズ演出。それでもKちゃんは喜んでくれました。

彼女の笑顔のためなら何でもする。まさにそう。誰かのために話題を用意したりライブ情報を調べたりするのが楽しいと感じる今、「デート?ああもう勝手に考えてよ…別に文句言わないから」とか考えてた頃は、恋愛なんかしてなかったんだなぁとつくづく思う。私に向いてるのは淑女じゃなくて紳士だった。自分が男だと思えば、水着や浴衣の女の子に囲まれて過ごす夏なんて、最高じゃないか!なんというギャルゲー主人公。「彼女いないし男だけで飲むなんて虚しい」っていう男性も、自分が女の子だと思えば、きっと楽しいぞ。オトコもオンナも良い夏を。



posted by あいだ at 22:22 | Comment(0) | 友人
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。