2010/07/20 Tue

冥界警備員エレキシュガル



いやーもう、気温三十度を超えると、死の淵をさまようかのごとく足取りが不安定になりますね!ちょっとでも血圧の上がる動作をしようものなら、何かがプッツンとなってバッタンしそうで、恐る恐る歩かざるを得ないから、太陽の恩恵・怨念を大いに受けているヨ!ここまでくるとあぶらとり紙も所詮紙だなって思わされるよねー。無限に湧き出る不快感を吸い取ってくれはしないけれど、心の中の潤いはどんどん枯れていくっていうか……はい、永遠の貧血ドリーマー(病気的な意味で)、あいだですっ。今日もすこぶる明るくいこー!


ヨーカドーで安い日傘を買いました。高校時代から憧れてたアイテムの一つ。日傘に合う服がないだとか、手持ちと折りたたみどちらを選ぶべきかわからないだとか、そんな理由で買うのを躊躇っていたのです。私の中では「折りたたみ式は何となくエレガントでない」という先入観があったのですが、今日売り場で見た限りでは、折りたたみでも雨用のように平らにはならず、自然な丸みで手持ちと同じようなエクセレントを演出できることが発覚。ただし、しまうのがすごく大変。雨用とは折れ方などの構造が異なり、なぜか束ねる紐のボタンも逆についているものが多く、逆に回してまとめるのが難しい。でもきちんとたたまず鞄にクシャっと入れても濡れる訳じゃないし、携帯・定期・タオルなどを素手で持ちたがる私には手持ちだといっぱいいっぱいになるので、折りたたみ式を買いました。これで私もエレファントの仲間入り。気分はお嬢さん。ちょっぴり世間知らずな横浜(の周辺)育ちの箱入り娘。すらりと伸びた白い指はエレクトーンの鍵盤を走り、上品かつエレクトリックな怪物の音色は幕末のエレキテルを彷彿とさせ、奏でられるエレジーによって世の殿方はエレクt


おっとっと、夏ですね。湧いてる頭に降り注ぐ電波を日傘でカットしつつ、ガクガクのサンダルを履いて、ゆるりと上品に歩きましょ。血圧を上げないようにね。




posted by あいだ at 22:22 | Comment(0) | 日常
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。