2011/04/22 Fri

いやらしくないアイマスクの使い道を悟ったとき



「こないだ映画見てるとき白目むいて寝てたよ」

人から白目を指摘されたのは人生三度目です。中学のとき部活の試合観戦中。高校の授業で失神したとき。そして先日。一時的な症状ではないようです。もしかしたら誰も言わないだけで、睡眠中は常に白目なのかもしれません。授業中なんか、だいたい顔上げたまま寝てるから……教壇から見たらきっと凄まじい状態なのではないかと。

いびきもよく指摘されます。母曰く「お父さんに比べたらかわいいもん」だそうですが。自分ではおとなしく寝てるつもりだったのに、なんだか裏切られた気分。無意識中の自分は自分とは別人のような気がしてきます。誰も言わないけど、本当は白目やいびきどころの騒ぎじゃないのかもしれません。普段眠っている別人格の、第二の私が覚醒してたり……やだもう何も信じられない。


生活習慣によってある程度は改善できそうですが、意識のない時のことはもうどうしようもない気がします。いっそ、こういう個性もありなんじゃない。履歴書の特技欄に書けるくらい極めてみるのもひとつの道だよね。まぁ変態という名の高みへと続く道だけど。

posted by あいだ at 22:22 | Comment(0) | 美容・健康
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: