2011/08/07 Sun

このベビー服の150センチってありますか?


先日、二つ年上の従姉に子供が生まれました!女の子だそうです。


お祝いの子供服選びのついでに、母とデパート巡りをしました。人と服を見るのがなんだか照れくさい私は、「…よせやい」なんて、男子中学生のような態度で後ろを歩いていました。

うちの母は、私とまるで正反対のような性格で、明るく人当たりが良いのです。なんかこう、レゲエみたいなノリでよくフニャフニャした阿波踊りを踊ってます。イェイイェイ!一方で極端なマイナス思考も持ち合わせており、娘としては「んもう!」って時もありますが、今日は正直「かあちゃんスゲー」と思いました。


109とかの若いショップ店員さんって、いかつくて近寄りがたいじゃないですか。私がチキンなのを除いても、目の周り真っ黒で真顔接客されるとビビるでしょう。店内BGMはイケイケのヒップホップとかだし、こんな田舎娘が乗り込める雰囲気じゃないのですよ。


しかし母はそんなのお構いなしに、ずんずん店に入っていく。そして私とは正反対のよく通る大きな声で

「ねっ?こんなヒラヒラとかどうよ!ねっ!」
「このドクロマークだらけのお店はちょっと違うよねぇ」

挙句例の近寄りがたい店員さんを捕まえて、

「ここって対象年齢いくつぐらいですかね?」
「この子こう見えて二十代なんですよー」

……まさに母ちゃん無双。


気の強そうなショップ店員さんが「そ、そうなんですか…」とキョトンとしてる。私は内心「よ、よせやい!(汗)」と思いながら愛想笑いで縮こまっていました。

結果、デパートを四軒ほど回り、その中に入ってる服屋さんの八割近くを物色して、計三点、およそ五千円の買い物をしました。普段ひとりじゃ入れない雰囲気のお店にもガンガン入ったので、結構楽しかったです。


posted by あいだ at 22:22 | Comment(0) | 日常
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。