2013/02/14 Thu

むしゃ修行


Dscn3841.jpg



不器用最大の関門・バレンタイン。今年のコンセプトは「ヘルシー」と「お手軽」です。


不摂生の英才教育を受けてきた私が、T君にチョコやらプリングルズやら与えすぎることを、健康志向であるT君のお母さんはあまりよく思っていないそうなのです。だから砂糖・バター・チョコレートをたんまり使ったものは今年は避け、「ヘルシー」かつ、夕方からバイトで時間がないので「お手軽」で失敗しないもの。

ギリギリまで全くのノープランでしたが、前日の夜にクックパッドを漁っていたらヘルシーカスタードのレシピを発見。おお、カスタード大好き。しかも砂糖不使用!

問題はカスタードを何に使うか。三年連続クレープじゃつまらないし、初心者にシュークリームはリスクが高い。結局、冷凍パイシートを買ってパイで包むことにしました。パイは初めてだけど、市販のものなら失敗のリスクは少ないだろう。


朝九時に買出し、十時から作り始め、お昼休憩を挟み二時頃完成(追記でざっくりレシピ紹介)。できあがったものが上の写真になります。ヘルシーカスタードとおいものパイ、チョコレート仕立て。


近所のLOFTでミスドのドーナツ入れる箱みたいなのを買ってきて、ダイソーで買ったケーキの下に敷く紙と一緒に家族分を入れて、隙間にマシュマロを詰め込んで、メッセージカードを添えて渡しました。おかあさんも喜んでくれました。よかった!ミッションコンプリートです。



まだまだバレンタインは終わらない。なんだかんだで夜11時に帰宅して、ちょっと豪勢な晩ご飯を食べた後、チョコレートファウンテンをやりました。姉が一人暮らししていた頃に貰ったものだそうです。今宵、初稼動。


Dscn3843.jpg



チョコの加減が難しく、序盤にデロデロと上から垂れてきたものの、あとは主に下に溜まったチョコレートにつけて食べるフォンデュになってしまいました。まぁどっちでも味は変わらない。というか、スイッチ入れるとうるさいからこれでいい。

マシュマロ、ラスク、いちご、バナナ、じゃがりこなどをチョコにつけてうまうま。写真左手前の、ちょっと盛り上がってるところはチョコが固まってる状態なのですが、この部分がめっちゃうまい。チョコの湯葉みたい!姉と二人で、半生状態の表面をすくってもしゃもしゃ食べていました。


アメトーーークを見ながら、我が家のバレンタインは日付が変わるまで続きました。ん、太る?高カロリー?何それおいしいよ?



今週のブログテーマ】今回のテーマ:【「バレンタインデーが嫌いでも、チョコは嫌いにならないでください!」】





おまけ。今回作ったもののレシピです。


◆材料


・小麦粉 20g
・卵黄 1個分+パイに塗る用
・豆乳 200ml
・はちみつ 40g
・バニラエッセンス 適量
・さつまいも 半分くらい
・冷凍パイシート 4枚
・チョコレート ガーナ二段分くらい



◆行程


1.おいもの皮を剥いて茹でてマッシュ。

2.カスタードクリームを作る。こちらのレシピを参考にさせていただきました。

3.おいもとカスタードを混ぜておく。オーブンは210度で予熱。

4.常温で五分ほど置いておいたパイシートを切る。

丸めてめん棒で伸ばして型抜き…も考えましたが、ちょうどいい型もないし、下手なことしないほうがいいなと思ってやめました。長方形のパイシートを半分に→斜めに切って三角形に。4枚入りで8つできました。

5.パイにカスタードを詰め込んで、端っこをフォークでつぶして固定。

この作業が一番苦戦しました。詰め込みすぎて包むのが大変だった。

6.210度で10分、190度で8分で焼く。

7.湯煎で溶かしたチョコレートをコルネに入れ、模様をつけて完成!


パイシートの扱いにちょっと苦戦した以外は、大きなトラブルもありませんでした。

強いて言えば、2つ分の卵白の処理に困ったくらいかな。「卵白 余り レシピ」で検索してもやれメレンゲ作れだのやれラングドシャ作れだの、お菓子のレシピばっかり出てくるのはどうかと常々思う!お菓子作りで余ったんだよ、そんなにお菓子作らないよ!(親子丼にして食べました)


おいもとはちみつの甘さがしつこくなくてうまかったです。ただ、ヘルシー……なのか?クリームはヘルシーにしたけれど、パイにすることでヘルシーっぽさが台無しだなぁと思いました。でも美味しかったからいいや。




posted by あいだ at 22:22 | Comment(0) | 食べる
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。