2013/02/17 Sun

歴史はさっぱり


買いました。


藩擬人化まんが 葵学園 [単行本(ソフトカバー)] / 堀江 宏樹 (著); 森 ゆきえ (イラスト); 集英社クリエイティブ (刊)
藩擬人化まんが 葵学園  著・堀江宏樹 漫画・森ゆきえ


小学生の頃に読んでたりぼんから森先生ファンです。先生のブログで、半年くらい前から毎日連載されている藩擬人化漫画シリーズが本になったので買ってきました。「漫画コーナーではなく歴史コーナーにある」とブログでは書かれていたけれど、近所の書店ではサブカルチャーのコーナーにありました。あんなに書店を隅々まで歩いたのは初めてだぜ。

漫画の内容はブログで読めるものと同じ。最近のものと、史実が迷子シリーズ(コミケに行く話とかおもいっきり生電話とか)は載ってない。小さいイラストがあるのみで、他に描き下ろしはなし。わかってはいたけれど……これで1500円は高いなぁ。先生のブログが、連載始めて以来ガチの毎日更新で、たまに綺麗なイラストまで載せてくれるから、本のほうは文字が多いぶんボリュームが少ないように感じてしまう。たぶん、ブログががんばりすぎなんだと思う。


続編が出るかどうかはわかりませんが、出たらまた買うんだろうなぁ。でも正直、それよりもブレイク☆カフェの6巻を出して欲しい。何にせよ、応援しています。

posted by あいだ at 22:22 | Comment(0) | 書籍

2012/11/16 Fri

×昨晩 〇夜な夜な



走るのがたのしいお年頃!週に2〜4回ほど近所を走っています。短くて二十分で二キロ程度、長いと一時間以上かけて六キロぐらいかな。「じんわり汗をかく」を目標にゆる〜くやってます。

初めは信号まで走って次の信号まで歩いて…なんてやってましたが、最近ではゆっくりペースなら二キロくらいノンストップで流せるまでの体力を取り戻しつつあります。冬の夜が好きなので、外にいるだけでも楽しいんです。走ったあとのご飯がおいしい!ボジョレーヌーボーも!健康のためにも継続していきたいですね!



珍しく健康的な話をした後で、がらりと話題を変えて、ちょっと気持ち悪いことを言ってもいいですか。



最近、宵風のことを考える度に胸が苦しくなるんです。


ふと高校時代に友達に借りた『隠の王』っていう漫画が読みたくなったんです。確か九巻あたりまで借りて読んだかな?

現代に生きる忍が、秘術をめぐって対立したりする話で、バトル漫画というよりはもっと繊細な内容だったかとざっくり記憶しています。絵柄や表現が女性向け、といっても世に言う「女性向け」のジャンルではないけれど、結構好みが分かれそうな漫画。最初は感情移入しづらくて、そこまで印象に残る作品ではなかった。

それでも結末が気になり、懐かしさから読んでみたくなって、ジョギングがてらブックオフに通って立ち読んだ訳です。最終巻まで。そして、宵風はその漫画に出てくるキャラクターの一人なのですが……。


うう……宵風……。


なんだろう、この喪失感。好きな漫画はたくさんあるし、好きなキャラクターもいますが、二次元に熱狂するような性格ではないはず……それでも読後にまで余韻が残るこの感じ。「それくらい好き!」って訳ではないんです。萌えとかとは違うんです。本当に、心の底から幸せを願っていたというか……昨晩なんてふと思い出して胸が苦しくなり、「でもこれで良かったんだよね、宵風は幸せだったんだよね…」と自分に言い聞かせてましたから。枕を濡らしましたから。我ながらうわぁ…と思いますが、それくらい印象的だったんです。


作品としては良作だと思います。ストーリーとしては戸隠編が一番好きだな。キャラクターとしては雪見が一番好きです。Webラジオ聴いたら俄雨が好きになりました。でも、「宵風ーっ!」ってなってしまう。何でしょうね、この気持ちは。えっ、病気?あ、ああ〜…。



隠の王 (1) Gファンタジーコミックス [コミック] / 鎌谷 悠希 (著); スクウェア・エニックス (刊) 隠の王 9 (Gファンタジーコミックス) [コミック] / 鎌谷 悠希 (著); スクウェア・エニックス (刊)
隠の王 / 鎌谷 悠希 1〜14巻(Gファンタジーコミックス)
タグ:おすすめ
posted by あいだ at 22:22 | Comment(0) | 書籍

2012/11/06 Tue

足舐めたいです



the pillowsの「休憩」宣言から四ヶ月。


待つのには慣れています。



HUNTER×HUNTER新刊発売キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!! :暇人\(^o^)/速報



12月4日に31巻、12月28日に32巻が発売されるらしい!え、今年のですよね?やったー!

28巻29巻連続発売の時は連載再開の吉報を引き連れての発表でしたが、今回は映画の宣伝のみで連載再開については未だ公式発表なし。といっても、今ってまだ最後の連載から八ヶ月くらいしか経っていないんですね。えっ、まだ全然じゃん。そりゃ再開の発表なくてもしようがないか。

30巻の発売が今年四月だったので当分先だろうなーと思っていたのですが、思ったより早く、しかも連続で読めると知ってテンション上がりました。ハンター終わるまで死ねませんよ。これを糧に今年も頑張れそうです。ハンタが再開したら本気出す。



一方で、もうひとつ新刊を心待ちにしていた漫画にも先日公式発表が。



マーガレット発売 :森ゆきえブログ


数ヶ月前に全巻揃えた、変態喫茶店ギャグ漫画『ブレイク☆カフェ』と、今年一巻が発売されたばかりの、緑色のぬらっとしたイケメンが容赦なく踏まれたりするラブコメ『みどりの山田君』、どうやら大人の事情でそれぞれの新刊が発売されないそうです。え、ええー!?

何度も繰り返すけど、本当にこの人の漫画が好きなんですよ。りぼん時代の思い出補正だけではなくて、めだかの学校も最近の漫画も、ずっと面白い。HIGH SCOREはだんだん路線変更していったけど、森先生の漫画はいい意味で変わらず安定してシュールで黒い変態っぷりが本当にどうかしてて好きなんですよねぇ。

掲載ページ数が少ないからハンターとは違う意味でコミックス発売が遅いんだけど、まさか発売されないなんて……いくら待っても無駄だなんて。雑誌も買ってないので二度と読むことができないんでしょうか。知ってたら買ったのに……



ハンター発売の喜びを上回るショックで、「ブレイク☆カフェ6巻は出ないって言ってるけど飛んで7巻が出るんじゃね?」なんて考え始める程度に混乱しています。マーガレットにメール送ったもの。筆不精なのに。ファンレターだって書くよ!十数年ぶりに森先生宛に書くよ(><)


ブログで連載中の藩擬人化漫画が一月に単行本化されるらしいので、それがうまく話題になってもっと広まってほしいなぁ。個人的にいろんな人にすすめるつもりです。ぜひ読んで!それにしても何だか、私が好きになるものってこういうことが多い気がします。待たされるのが好きなのかもしれない。振り回されるのが好きなのかもしれない。それってどうなの……。

続きを読む
posted by あいだ at 22:22 | Comment(2) | 書籍

2012/06/02 Sat

緑好きとしてはインテリアに最適な表紙


最近買った漫画。


みどりの山田君 1 (マーガレットコミックス) [コミック] / 森 ゆきえ (著); 集英社 (刊)
みどりの山田君(1) 森ゆきえ



王道少女漫画の展開に、謎の生物を解き放って変態エキスをぶちまけて最後に青汁を投入しちゃったようなギャグ漫画。山田君が予想以上にかわいかった。ぺたたーって走る姿がわいい。


あと四月くらいに、同じ作者の別作品も集めました。


ブレイク・カフェ 1 (マーガレットコミックス) [コミック] / 森 ゆきえ (著); 集英社 (刊) ブレイク・カフェ 2 (マーガレットコミックス) [コミック] / 森 ゆきえ (著); 集英社 (刊) ブレイク・カフェ 3 (マーガレットコミックス) [コミック] / 森 ゆきえ (著); 集英社 (刊)
ブレイク・カフェ 4 (マーガレットコミックス) [コミック] / 森 ゆきえ (著); 集英社 (刊) ブレイク・カフェ 5 (マーガレットコミックス) [コミック] / 森 ゆきえ (著); 集英社 (刊)
ブレイク☆カフェ(1)〜(5) 森ゆきえ


自殺の名所で喫茶店を経営する兄妹のギャグ漫画。こっちの方が変態で、どうかしてるなぁって思います。


前にも書いたけど、森先生は小学生の頃から好きな漫画家。ファンレターを出したこともあります。この人のブログも面白いです。めだかの学校の十年後の話や、ブレイク☆カフェのセルフパロディ漫画はファン必見。

最近は藩を擬人化したWeb漫画の連載も始まりました。今は登場人物が多すぎてごちゃごちゃしてるけど、これから史実が迷子になっていくようなので期待しています。


   →森ゆきえブログ
タグ:おすすめ
posted by あいだ at 22:22 | Comment(0) | 書籍

2012/05/31 Thu

追いオリーブもしっかり載ってた


数年ぶりに雑誌を買いました。少女漫画とお笑いと音楽以外の雑誌は、これが初めてです。





面接前の空き時間に、何気なく立ち寄った本屋で表紙に一目惚れ。何を隠そう、2010年のワールドカップ以来GK川島永嗣にときめいてしまい、未だに好きな男性のタイプを訊かれると即答で名前を挙げるほど好きなのです。あと北島康介。真顔で見つめられたい!


もちろん単なる表紙買いではなく、時期的にプチ食事制限を実践していた頃なので、「太らない男メシ」など内容的にも気になって買いました。「中村屋ラーメンの作り方」も決め手です。

男性向けということもあり、野菜も摂れる肉料理かつ手軽なレシピが豊富で、女性向けの特集にありそうな豆乳やらコラーゲンやら味気ない料理は真っ平かつ不器用な私にぴったりでした。肉を食べないとやってられないよね。川島のオフショットも満載。料理もできるなんて完璧すぎる。

自炊の時、たまに参考にしています。お弁当のおかずやお酒のおつまみまで載ってて何気にカバー範囲広い。「肉は野菜を食べるためのドレッシング」の言葉を胸に刻み、野菜から食べることを心がけています。

posted by あいだ at 23:48 | Comment(0) | 書籍

2011/08/17 Wed

※ただし二次元に限る


学校の夏休みの中の、バイトの夏休み。この十日間で旅した冒険の数、プライスレス(※)。


商品画像を載せるとブログっぽくなることに気付いたので、調子にのってまた貼ってみました。今月買った漫画編。


HUNTER×HUNTER 29 (ジャンプコミックス) [コミック] / 冨樫 義博 (著); 集英社 (刊)
HUNTER×HUNTER(29) / 冨樫義博

連載再開しましたね!この巻の内容もネット上で噂はちらほら見ていたので、例のシーンでは「出た!」と笑ってしまったのですが、ストーリーの流れの中で読むと意外と違和感ないですね。純粋にアツい展開だと思いました。それにしても続きが気になる。連載終了する年齢まで強制的に成長したいです。だからありったけを。


めだかの学校 6 (りぼんマスコットコミックス) [コミック] / 森 ゆきえ (著); 集英社 (刊)
めだかの学校(6) / 森ゆきえ

数年前に五巻まで揃えて、どこを探しても最後の六巻が見つからず、ずっと探していました。りぼんっ子時代に一番好きだった漫画です。「頭部が魚のイカれた校長先生の4コマ」で思い出す元りぼんっ子も多いのではないでしょうか。私が魚好き・ギャグ漫画好きになった元凶といっても過言ではない。最終巻はまさかの展開続きで、最終回のオチも秀逸でした。アユ先輩よかったね…。


赤ちゃんと僕 (18) (花とゆめCOMICS) [コミック] / 羅川 真里茂 (著); 白泉社 (刊)
赤ちゃんと僕(17)(18) / 羅川真里茂

こちらも古くからうちにあります。やっと揃いました。今読むと尚更この漫画の良さがわかります。「愛と感動の物語」と書かれているけれど、そんな仰々しい描写はなく、あくまで人間くさいところがいいんだよね。イオンのフードコートで読んでたのですが、最終回で号泣してしまいました。その前にめだ学で爆笑してたので、隣に座ってた親子からの視線が痛かったです。

posted by あいだ at 22:22 | Comment(0) | 書籍

2011/07/04 Mon

理解


世界中の人々に言いたい。
「ハンターハンターの新刊でましたよ」


何となくアニメを見返した二月。何となくコミックスを集め始めた五月。たぶん人生で三度目くらいのマイハンターブーム、そして奇跡のコミックス二冊発売&連載再開のお知らせ。あれから毎日のようにコミックスを読み返し、議論を交し、指折り数えて待ったこの日がついに!


もちろん買いましたよ。表紙なんだコレ。


Dscn1213.jpg


某掲示板を頻繁にチェックしていたため、27巻以降のネタバレ、あれがああなってこうなるっていう流れや一部の画像バレは既に見てしまっていたので、ほぼ内容は知っていたのですが、想像を遥かに上回る面白さでした。いろいろと衝撃的な巻。読み終わってみたら、この表紙は28巻の内容をよく表してるなと納得。シリアスなんだけど、笑ってしまう……。あと絵の迫力が半端ない。ジャンプ掲載時からほぼ修正ないそうだけど。すげーな。このクオリティで続けてくれるなら次の単行本が二年後とかでも余裕で待てます。あぁ早く続きが読みたい!


ハンター再開したら本気出す、と言っておきながら、面白すぎて何も手に付かないこの状況。バイトは好きだけど行きたくない……そうか。休むって、こんな感じか。

posted by あいだ at 22:22 | Comment(0) | 書籍

2011/05/18 Wed

かなわぬ恋ってきっとこんなかんじだ


中学生の頃に友達から借りて読んだHUNTER×HUNTER、久しぶりにアニメを見たらえらく面白かったので、今更ながら単行本を集め始めました。悔しいけれど面白い。

最初は月に一冊のペースで買おうと思ってたんです。そうすると毎月ワクワクできるし、既刊に追いつくまでに、もしかしたら、かなり望み薄だけど、二十七ヶ月もあればあるいは、連載再開するかもしれないじゃない?でも一巻読んでそこで止めるなんて正直無理ですよ。続きが気になりすぎる。というわけで、ハンター試験が終わって一区切りつく五巻まで買いました。まぁ月に五冊買っても、半年はワクワクできるしね。

ところが、一巻から五巻までを毎日毎日繰り返し読んでいるうちに、また続きが気になってきた。原作もアニメも見て、GI編までのストーリーは知ってるにも関わらず。五巻は天空闘技場の序盤で終わってます。天空闘技場の見所といえば、ヒソカの腕を治しにマチ初登場、じゃないですか(マチ大好きです)。あぁ、早くそこまで読みたい!早く続きを!って、もう出てるじゃん!……買うしかないですよね。こんな調子で、月に一冊買うはずが、三日に五冊のペースになり、気がつけばGI編の最後まで読んでしまった。まんまとHUNTER×HUNTERの虜となってしまったのです。

本当の地獄はここからです。今まではアニメのGI編までしか知らなかったので、私の中のHUNTER×HUNTERはゴンがゲームクリアしてジン(らしき人)に会ったところで完結していました。だからそこから先は気にならなかったんです。今は、新しい冒険に片足を突っ込んでしまった。ここから先は、ブックオフに足を伸ばせば財布の許す限り続きを読める今までとは違います。私も晴れて連載再開をひたすら待つだけの被害者の一員です。「HUNTER×HUNTERが再開したら本気出す」を合言葉に、しばらくは手元のコミックスを読み返して生き延びます。いっそ飽きることができたらどれだけ幸せか……。

悔しいけれど面白い。その一言に尽きます。


【速報】

書き溜めていた上の日記を投稿しようとした時、偶然こんなニュースが目に入りました。
「HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)28巻」7月に発売か!?(日刊テラフォー)

連続で29巻も発売するという噂も。何というタイミング!今日22巻まで買ったので、早めに既刊を揃えてワクワクしたいと思います。
posted by あいだ at 23:58 | Comment(0) | 書籍

2010/03/31 Wed

つぶす勇気



あなたは部屋の掃除をしています。
ふとカーペットに目をやると、小さな幼虫が蠢いていました。あなたならどうしますか?

  1.駆除・防止対策を考える
  2.無視する
  3.ネットで探した幼虫の画像と見つめ合って耐性をつける

……ヒメカツオブシムシとかよく見たら、か、かわいいじゃん?まじ毛虫先輩の足元にも及ばないし。こっこわくないんだから!ちょっと表に出ろやー!いや、出てってください、ほんとに。


そういえばおぼっちゃまくん15巻が出てきたよ。たぶん兄あたりが買ったものだけど、昔読んですごいトラウマになった記憶が。せっかくだから久しぶりに読んでみた。何も考えずに読めるギャグで普通に面白い、けど……やっぱりツクシ型宇宙人の話は今読んでも怖いし気持ち悪い。あと下ネタで恐縮ですがこう、ポロリと取れたり伸びたりすると、なぜか私まで痛い気がしてちょっと苦手です。舌がちぎれてるのとか。でも記憶以上にストーリー性があって面白いし、何といってもびんぼっちゃまが秀逸。「おちぶれてすまん」これは流行る。……流行ったんですか?


読書記録(30)  小林泰三『忌憶』
タグ:読書
posted by あいだ at 22:22 | Comment(2) | 書籍

2009/09/15 Tue

じっとしてらんない!

090915_1540~01001.JPG

やっとcast読み終わった!と思ったらまたこんなアイテムが。こっちはライブ後、余韻に浸りながら読みます。つまり明日以降。明日、明日。

ついでにハイスコアの七巻を買った。去年出てたんだね。四コマとしての荒くれっぷりは初期の方が好きなんだけど、読んでくうちにキャラを好きになるっていうか。めぐみもだんだん良いヤツに見えてくる。というか今アマゾン検索して知ったけどとっくに八巻出てるんだね。どんだけ長いデビュー作だよ!どこかで見かけたら買おう。あと夏目友人帳も二冊買っといた。最近怖がりだから癒されるわ。で、来週荒川アンダーザブリッジを買うと。なんか今月はもうアホみたいに出費して、楽しいことばっかりやって、おいしいもんばっかり食べてるな。罰当たりだ。けどまぁそれも明日まで、明後日からは毎日課題やらないと間に合わない。死ぬ、というか吐く。この一ヶ月、人生で一位二位を争うレベルで後先(及び残高)考えずに過ごしてきたから、明後日からの一週間でその埋め合わせをしなきゃな。明日まで好きに生きるぜ。明日、明日。また明日!

posted by あいだ at 22:22 | Comment(0) | 書籍

2009/08/14 Fri

ハブク

090816_1538~01001.JPG

届いた!castでのピロウズのインタビューを集めた本。お金が…って言い続けてたら発売から二ヶ月も経ってしまった。一つの記事読むのに二十分はかかる。写真もたくさん載ってる。このボリュームで二千円とは!というか、ライブまであと一ヶ月ちょっとじゃないか。そろそろチケットも届くんじゃないか。どうしよう。一緒に行くKちゃんの調教がまだ終わってないよ。

これはブログの更新どころではないぞ、というわけで「朝五時に自転車の空気入れをしたが無駄だった話」「二週間前に借りた本を図書館まで歩いて返却しに行った話」「木の下を歩く時に震えたり幻覚が見えたり何かに追われているような気がしたりする症状が出る話」は省略させていただきます。


本日の「マグロ」: お葬式でやっちゃった体験!

正座してたら足が痺れてしまってお焼香の順番の時に生まれたての小鹿みたいな立ち方をしながら転んだ話、は省略させていただきます。

posted by あいだ at 22:22 | Comment(0) | 書籍

2009/08/01 Sat

何もしない19の夏


大学で大喜利の講義とかやってくれませんかね。国文学の守備範囲じゃないんですか。みんなでフリップ持ってお題に対して答えを出し合うんです。で、うまいこと言ったら10ポインッ!です。座布団十枚で単位がもらえます。へたこくと厳しくダメ出しされます。立ち直れなくなりそう。

「長持ち」と「よく飛ぶ」だったら絶対に後者ですよね。「長持ち」なんてしなくても、どんどん使っちゃってなくなったらまた新しく買えばいいじゃないですか。代わりなんていくらでもいるんでしょ。それより刹那に全身を駆け巡る快楽を楽しみたいんですよ。一夏だけの火遊びでもいいじゃないか。


数ヶ月前に携帯にメモした「大喜利の講義」「長持ちとよく飛ぶ←こっち」から、こんなこと書こうとしたんじゃないかな?という曖昧な記憶を頼りに復元してみました。夏休みにおける七月=充電期間。宿題不精小学生の常識。コンセントはまだ抜けてないようです。



読書記録(15)  小林泰三『天体の回転について』
タグ:読書
posted by あいだ at 22:22 | Comment(0) | 書籍

2009/05/06 Wed

プリーズゴッド!なんて神頼みはしない主義


おっすー。人生何が足りないって、少女漫画が足りない。というわけでアニメのハチクロを見てます。漫画は高二の時に友達に借りてハマって、図書券使って全巻揃えました。去年やってたドラマは最初から見てましたが、第一話が最高視聴率(12.9%)、そっからどんどん下がって私も見なくなって、最終回が下から二番目(7.1%)、うん、原作ファンの期待と失望が窺えますね。だって、あっさり海に行っちゃうんだもん!ハチクロは海に行っちゃダメでしょうっ。あとローマイヤ先輩、出すぎ!まぁとにかくドラマはアレでしたが、原作はすごくおもしろいんです。アニメも原作に忠実、よっておもしろいです。ちょっと淡い感じの作画もきれいでいいです。ハァ、こんな青春してみたかった。

ピロウズ(Thank you, my twilight、PIED PIPER)貸した友達から、スピッツ(ハチミツ)を貸してもらったので、聴きながら原作を読もうと思います。ハァ、思春期したい。

posted by あいだ at 14:40 | Comment(0) | 書籍

2009/04/27 Mon

笑点を単語登録しないと何も始まらない


新・中古のバイオですが、私と姉の部屋に置かれることになりました。無線はうまくいかなかったようでとりあえず有線でネット回線を繋ぎ、今自分の部屋のパソコンから更新しています。新鮮っ。いろいろ落ち着かないです。まずブラウザがスレイプニルじゃない。テキストエディタは長年Style Noteを使ってたんですが、今はメモ帳、味気ない。キーボードの配置も微妙にズレてるし、変換の設定もかなり違うので、さっきからタイプミスが半端ないです。人んちのパソコンみたい。今までのが設定いじりすぎてたんでしょうねぇ。XPになった時、慣れ親しんだ2000に少しでも近付けようと必死でしたからね。2000になった時は98に、98になった時は95に、95になった時は3.1に近付けようとしたのかもしれないです。無意識に。今回はXP同士ですが、使い慣れた環境を再構築してたらGWが終わりそう。でもまぁ本望ですよね。いらない設定したり使わないソフト選んだりしてる時が一番たのしい。青春って、こんなに眩しいんですね!

電源切ったらディスプレイに見ちゃいけないものが映った気がする。みてないみてないせいしゅんってたのしいわたしはこのへやでずっとひとりでくらすのぬいぐるみさんがいるのみたされてるのさみしくないさみしくないがっこうにはわたしじゃないわたしがいくのだからだいじょうぶだれにもめいわくかけないだれもしらないふたりだけのへやわたしはこのへやでずっとひとりでふたりだけひとり


黒い鏡に映ってるのはだあれ

読書記録(11)  梶尾真治『黄泉がえり』
タグ:読書
posted by あいだ at 23:17 | Comment(0) | 書籍

2009/03/24 Tue

すぐ中毒になるのよ

      
携帯電話の料金照会を毎日必ずチェックすることで業界にその名を揚げた私あいだ、しかしKDDI側で何かトラブルが発生したらしく数週間前から料金照会停止中、いくら使ったのか、無料通話はどれくらい残ってるのか分からない状態、つまり情緒不安定、禁断症状中、アウイエー。


…なのです。


読書記録(6)  小林泰三『海を見る人』
タグ:読書
posted by あいだ at 10:11 | Comment(0) | 書籍

2009/03/11 Wed

私の麻生総理の声マネ全く似てねえ


読書感想文の課題、終わりました。たった四冊、全部で原稿用紙十枚程度、しかも期限はたっぷり二ヶ月あったんだから、楽勝だと思ったんですけど、それでもやっぱり期限ギリギリに書き始めるところは成長してません。今週の金曜日までなので、今日中に送ろう!と決意して朝から始めたはいいけれど、書き終わったのが午後四時。それから封筒買ったりして、結局もう少しで郵便局が閉まるってところで何とか間に合いました。ふぅ。形式は自由だったんで、ワードで作ったのを印刷してみました。大学生みたいでちょっと楽しかったです。でもキーボードを使うと、字数の1000字はすんなり超えられたけれど、どうしてもマグカンの文章になってしまうので困りましたね…。いつだかマグカンに書いた読書記録と、だいたい同じようなことを書いています。そして自分のどうでもいい体験談を織り交ぜすぎ、なので読書感想文といっていいのかどうかは微妙なところ。その上、読み直す度におかしい部分が見つかるのですが、まぁこれで今後の成績が決まるわけじゃないと思うので、やることはやりましたんで、あんまり見直さないようにしてさっさと送っちゃいました。この辺もマグカンの更新と似ていますね。あとはどうにでもしておくれ。

そんなわけで、今は一仕事終えた達成感に酔いしれながら、ココア片手に卒業アルバムをめくって優雅に過ごしています。小中学校時代のような開けないアルバムではなくなりました。相変わらず私の顔は残念だけど、それでも愛しいのです。これからも頑張っていくよ、頑張るの言葉以上に。

読書記録(4)  北村薫『スキップ』
タグ:読書
posted by あいだ at 23:23 | Comment(0) | 書籍

2009/02/26 Thu

騒音の中でも没頭して読める唯一の本


昨日は昼間ずーっと寝てたわー。休みの日でも朝は早いんだけれど、昼間する事が何もなくて、ネットもビデオも読書も目が疲れる、それならいっそ寝てしまおうと思うのも無理はないよね。15〜18時くらいまで寝てたんだけど、ウェンズデーJPOPのピロウズが出る直前に、奇跡的に目を覚ましたよ。頭では忘れていたけれど体が覚えてたんだね。たった20秒程だけど録画した。んで、寝ました。その夜は寝れませんでした。


君たち、私の睡眠事情なんか読んで楽しいか。楽しいか、えぇ?楽しいのかい。そうかい。ちょっといいか、一言言わせてくれ。もっと有意義に生きろ!


読書記録(2)  江戸川乱歩『孤島の鬼』
タグ:読書
posted by あいだ at 18:48 | Comment(0) | 書籍

2009/02/21 Sat

言文一致率400%


読書記録でもつけるかー。だってよ、高校卒業したら球技大会がどうしただの文化祭がやべえ楽しいだの、そういう定期的な話題がなくなるわけじゃないか。寂しいじゃないか。書くことないっつうの。だけど恐らく今後定期的に何かしらの本を読むと思われるので、紹介も批評も一人前にできないけど、記録つけるくらいなら私にもできるんじゃないか?ほら、こうやってAmazonのリンクなんか貼るとブログっぽくていいんじゃないか?これがみんなやってるアフィリエイトってやつですね。アフィリエイトってよく聞くけど意味知らなかったから今調べたわ。トラックバックもいまだに何かわかってないからね。なんでかそういうの抵抗あるんだよね。あんまりブログらしい事をしたくないというか。大和撫子らしくないというか。あぁでも紹介料はいらないけど画像は使いたいなー。かといっていちいち写真撮るのも面倒だしなぁ。まぁいいか、詳細知りたきゃあ勝手に検索しろ!という方針で。インターネットがあるなら自分で調べなさいよね。まったく楽することばっかり考えて。世の中にうまい話なんかないんだからね。

というわけで、早速本を読んだので記録します。


読書記録(1)  山口仲美『日本語の歴史』
タグ:読書
posted by あいだ at 17:17 | Comment(0) | 書籍

2008/07/25 Fri

へその内側、二ヶ所、刺された、検索。


問題集などを買った。レジで「カバーかけますか?」ではなく、「カバーをお掛けする物をお持ちですか?」みたいに聞かれたんだけど、よく意味が分からず適当にハイって答えたら「え、マジで?」みたいな顔されてしばらく沈黙が続いたんだけど、あれは何だったの?「マイカバーがあるならカバー掛けないで渡しますが?」って意味だったの?何なの?母がけっこう前に三個買ってくれたプリンを昨日食べようとしたらなくなってて兄姉を軽蔑しかけたんだけど、今日冷蔵庫を見たらわかりやすい位置にでんと置いてあって、あれ?昨日あれだけ探したのになかったのは何だったの?神隠しなの?まぁ世の中には私の知らないことがいっぱいあるってことですかね。むしろ知らないことの方が多いの。私の知ってることなんか、ほんとちっぽけなものなの。一人の人間が一生のうち得られる知識なんてほんとクズみたいなものなんでしょう。そんなクズみたいな事ですら忘れてしまうってことは私、クズ以下なんでしょうねぇ。最近物忘れがひどくて、文化祭関係のプリント提出日をほとんど守ってない。期限を守れないのはクズ以下です。信号も守れない男に何が守れる。

それはそれとして、昨日何気なく星の王子さまを読んだ。だいぶ前に父にもらって読むのは二回目くらいなんだけど、少し年を取ってから読むとまたなんかこう、忘れかけてたことに気付かされるね。かなしいとか、いとしいとか、読んでる間は素直な感情になる。私のプリンが食べられたこと(未遂)の怒りなんて吹っ飛んだ。私が親になったら、父のように自分の子に読ませたい本です。これと哀川翔の自伝(俺、不良品)は絶対に子どもに読ませます。むしろ読み聞かせてあげてもいいよ。モノマネ付きでね。
posted by あいだ at 20:49 | Comment(0) | 書籍

2008/03/03 Mon

2巻は2008年12月発売予定



『聖☆おにいさん』1巻を読んだ。先月ラジオで山中さわおが五つ星って言ってて、本屋で見つけて気になったから買っちゃいました。何だろうこれは…一言で言うと宗教コメディ?でも敷居が高い訳じゃなく日常のあるある的な要素もあって、説明しづらいけどとにかくハマる人はハマる独特な漫画だと思う。ちょっと違うけどギャグ漫画日和の聖徳太子&小野妹子みたいな?読んだことないけどね。キリスト&仏教ネタ満載です。私はこういうの大好き。あ、もちろん無宗教でも楽しめます(むしろ教徒の人は複雑な心境になるかも)。うん。よし、布教した。

三月になってからちょっと更新しすぎてる気がします。ひとりで部屋に閉じこもってると語り出したくなるんだよ…。ほっとけ。仏だけに。
posted by あいだ at 23:29 | Comment(0) | 書籍
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。