2012/09/24 Mon

ランドルト漢


ブログを整理中です。

こことは別にテスト用ブログがあり、いつも改装の際にはそこでCSSやらHTMLやらをいじって完成させてからこちらに適応させているんですが、今回の作業はテスト用ブログではできません。なので直接ここをいじることになります。←なんか卑猥ですね!

しばらくの間、作業中の不自然なところを晒すことになってしまうのですが、何卒ご理解ください。私のファンである全国一万人の女子高生に迷惑をかけてしまうことはとても心苦しい。こんなくだらない嘘をついた自分が恥ずかしい。

尚、作業中も日記は今まで通り書きます。つまり、ほとんど書かないってことですね!


やること
・約1300件の記事のカテゴリ分けとタグ付け
・黒歴史記事のさりげない抹消
・デザイン改装
・もっとこういろいろシンプルにしたい
・部屋掃除(切実)
posted by あいだ at 14:07 | Comment(0) | 雑記

2012/06/01 Fri

毎日デレ顔


六月といえば何を連想する?


梅雨?あじさい?連休のない月?あいださんの誕生日?

そうですね、六月といえばジューンブライドですよね。



そんなわけで結婚しました!




自らプロポーズしました!




カレンちゃんに!





相変わらず家に引きこもってゲームばかりしています。牧場物語HM、現在二年目の秋。嫁と結婚したのは夏二十三日。翌日の花火イベントに合わせてプロポーズしたんだけど、間違えてカイを誘ってしまい、新婚初夜は嫁を自宅に置いたまま海の男と二人きりで一晩を過ごしました…。主人公の「意外とさいこうだ」っていうコメントがしょっぱすぎる。


相変わらず二次元に逃げていますが、今月も元気にやっていきましょう。逃避でもしないとやってられないじゃない。六月なんてさ。

posted by あいだ at 22:22 | Comment(0) | 雑記

2012/05/30 Wed

日食、マンションの非常階段から見ました。ちっちゃかったです。


アンテナの感度が下がっているなぁと思う。昔は、通学路にミカンが落ちていたとか、歯科検診の女医がドSだったとか、そんな些細なことでも毎日がアドベンチャーだったんだけど、最近じゃあ数百年に一度の金環日食だとか、世界一高い電波塔だとか、そんなビックリニュースですら「そうか」くらいの感動した覚えなくなってしまった。

だからといって別に人生がつまらない方向に傾いているわけではない。ただ昔は当然のように備わっていた機能が度重なるアップデートでいつの間にか排除されてしまっていて、不便を感じることはなくとも、時々思い出して懐かしく寂しくなる、それだけのことで、それと似たようなことは過去に何百回も、もしかしたら何万回も起こっているんだと思う。デトックスの度に体の老廃物が排出されることに寂しさを覚えていたらきりがない。一度は体のために働いてくれたものたちが、衰えて別れも告げず去っていく。生物っていうシステム自体がそういう構成になっているなら受け入れるしかないし、「かわいそうだからやめよう」なんて思わないのだけれど。


子供みたいな感性はいつか失って、失ったことにも無頓着になる日がくるのだろう。外界の刺激に干渉されずどっしり構えた大人になっていく。それも悪くはないんじゃない。今はまだ別れを自覚できる程度の感度はあるみたいだ。もちろんドSの女医にも興奮する。だからって別に、何にも得することなんかないんだけどなぁ。

.
posted by あいだ at 10:41 | Comment(0) | 雑記

2012/03/30 Fri

Why I Keep a Diary


自分は他人からどのような人間に見えているのだろう?二十一まで生きて気付いたことには、どうも自分が思っている自分のイメージと他人が抱いている私のイメージにかなりのギャップがあるらしい。


自分では「いつもだるそうでリアクションの薄い、無愛想な根暗女」だと周りから思われているんじゃないかと思っていた。この日記でしか私を知らない人も、少なくとも明るく元気なかわいい女子大生ではないなと思っていることだろう。時々それに反する他人の評価を聞いても、「彼らは私をよく知らないからそう言うのだ」と思っていた。

今のバイトを始めてから人と話す機会が倍以上に増えた。人と関わるようになって、ようやく自分がわかってきた気がする。「限られた人にしか見せない自分」はよく知っていたけど、「それ以外の人に見られている自分」については知らないも同然だった。だから最近は、自分にとって不本意な評価に対しても、「私ってそう受け取られる面もあったのか」と興味深い気持ちで受け入れている。まぁさすがに「お前の目は節穴か」って言いたくなる時もあるけれど。

以前人に撮ってもらった、自然体で自分が喋ってるビデオを見たら、かつて自分自身が思っていたよりもフニャフニャしていて、まったりした人が映っていた。他の人からはこう見えてるのか。ギャップどころか、自分が思っていた自分のイメージの欠片もないような人だった。ビデオがおかしい訳じゃなく、知らなかった自分にようやく気付けただけのこと。録音した自分の声がおかしく聞こえるのと同じ。これもひとつの私なんだと思うと、ビデオの中で八重歯を見せて笑うこの人も、なんだかかわいく思えてくる。


自分は他人からどのような人間に見えているのだろう?そもそも、自分は如何なる人間なのか?私って、何者なんだ?私が生きていく上での永遠の研究課題は、自分という人間のすべてを解明することにあると思う。

posted by あいだ at 11:54 | Comment(0) | 雑記

2012/03/29 Thu

ただ純粋に下着に興味があっただけなんだ


適当にネットサーフィンしていると、オンラインショップで最近見た商品の関連画像が、全然関係ないページの広告に出てきて何となく恥ずかしい思いをすることはありませんか。こういうのね。私の場合は最近、とっても真面目で健全なサイトを開いているはずなのに、こんな感じの、ムチムチな男性がセクシーな下着を装備してる画像がずらりと表示されて、目のやり場に困ります。


今うっかり文中のリンクを踏んでしまった人も、どこかの広告で同じ体験をするといいと思います。何この新感覚参加型ブログ。ステキ。
posted by あいだ at 00:44 | Comment(4) | 雑記

2012/02/23 Thu

cioccolato, schokolade, chocolatín



最近買ったもの:なわとび(黄色)

価格:198円くらい

購入場所:おもちゃ売り場

理由:友人が買っていたのを見て欲しくなった

用途:運動不足解消

状態:未開封


続きを読む
posted by あいだ at 23:53 | Comment(0) | 雑記

2012/02/22 Wed

二月病あってこそのバレンタイン


なぜか知らんが二月は謎のやる気に満ち溢れる時期だ。去年の今頃は週に数回のジョギングしてたし、一昨年は毎日教習所に通っていたし、その前はよくわからない動画を作ったりしていた。

二月にやたら意欲の湧いてしまう現象を、私は心の中で「二月病」と呼んでいる。

ブログを更新したい気持ちもありすぎる程なんだけど、言うまでもなくこの無駄なやる気は現在就職活動に向けられているので、日記に書けることが少ない。でも何か書きたい。志望動機とか自己PR以外の文章が書きたい。


そんな訳で、身の回りのものを写真に撮って紹介しようと思う。


続きを読む
posted by あいだ at 22:57 | Comment(2) | 雑記

2012/02/16 Thu

Je veux le chocolat.


フリーセル。


ソリティアとかマインスイーパと一緒に、ウィンドウズに入ってるトランプゲーム。今までルールも知らなかったんだけど、一週間くらい前に何気なく始めたらはまってしまいまして。なんだか高校生の時にも突然マインスイーパ中毒にかかってた気がする。なんか三年くらい前の今日、グダグダ喋りながらひたすらマインスイーパ上級をやる動画をブログに公開した気がする。気のせいか。気のせいです。うん。

就活情報を見るためにパソコンを立ち上げても、しばらくするといつの間にかフリーセルを始めてます。「いつの間に?ヤダこわい…」と思って終了しても、また数分後にはトランプを移動させるのに夢中になってることがしばしば。何か魔力が働いてるんじゃないかと思うほどです。


ちなみにこの一週間での私の成績表はこんなかんじ。


fc12.gif



どれだけの時間をこいつに費やしていたかがよくわかるかと思います。まだ慣れないので時間かかる上、勝ちを重ねると少しずつ総合の勝率が上がるのがうれしくて、つい何時間もやってしまうわけです。

しかもこれ、並んだトランプの隅から隅まで見てよく考えないといけないので、ものすごく目を酷使します。半自動的にできるマインスイーパより頭を使います。えらく疲れるのに、なかなかやめられない。おまけに夜寝る時にまで頭の中で勝手にフリーセルを始めてしまう、例の現象も起こり始めました。ほんと、何かに憑依されてんじゃないかと思う。寝つけなかったり肩が凝ったりするのはそのせいだと思う。


まぁゲーム自体は、シンプルだけど頭の体操にもなってなかなか面白いので、ぜひやってみてください。そうすれば、ほら、あなたのうしろにも……

posted by あいだ at 22:22 | Comment(0) | 雑記

2012/01/26 Thu

似たようなことしてる人いたら友達になりましょう



暇つぶしに携帯をいじる人は多いですが、みなさんその端末で何をなさっているんでしょう。私はよく俳句や短歌を考えています。


「作ろう」と思って考えるわけではなく、「この言葉で作れそうだな」と思い付いたときにはじめて創作意欲がわきます。とりあえず使えそうな言葉をメール画面に打ち込み、言葉を足したり引いたりして完成させます。時には鞄から電子辞書を出して、類語辞典や歳時記で当てはまる言葉を探したりもします。パズルみたいで結構はまります。

早くて十五分、思い浮かばないと家に着くまで時間がつぶせるので、なかなかいい暇つぶしになります。


何気なくメールを読み返していると、ツイッター投稿用のアドレス宛の未送信メールがありました。保存日時は2011年12月24日の午前11時。この日は動物園に行った日で、この時間は駅でT君を待っていた頃です。

クリスマスイブ、手作り弁当こしらえて、そわそわしながら彼を待つ――そんな乙女チック満載なシチュエーションで、待ち合わせの暇つぶしに詠んだ歌がこちら。


  寒すぎて服着にけらし白妙のパンツ一丁赤の首巻き


寒空の下で白いパンツと赤いマフラー、紅白の対比が見事な、最悪のパロディ。元ネタは言うまでもなく小倉百人一首「春過ぎて夏来にけらし白妙の衣ほすてふ天の香具山」の歌。たしか十分くらいで作りました。元の語感を活かしながら、初夏の歌を真冬に使うあたりに、私の奇抜な才能を見出だせばいいと思います。
posted by あいだ at 12:31 | Comment(0) | 雑記

2011/11/12 Sat

ひまわりの種チョコはうまい



自分はハムスターに似てると思っています。小さくて挙動不審だからです。いつでもビクビクしています。でも飼い慣らされてるので警戒心はないです。あと食べ物を口の中にいっぱい詰め込むクセがあります。ポロッと落とすあたりも似てると思います。

自分はねこに似てると思っています。ねこ、と言ってもふわふわのかわいいやつじゃなくて、薄汚れてどっしりと塀の上に構えてるのらねこのほうです。ふてぶてしい目付きが似てると思います。

自分は犬に似てると思っています。主人には忠実です。待ってろと言われれば何時間でも待てます。愛情表現もまるで犬です。しっぽがあったらちぎれんばかりに振ってると思います。


でもやっぱり一番似ているのはハムスターだと思います。人生という名の回し車に翻弄され、汗をかいて息も絶え絶え走っても前に進めない、そんな感じがするのです。
posted by あいだ at 08:52 | Comment(0) | 雑記

2011/10/21 Fri

アントキラー


今思うと、丸ごと夢の中の出来事だったような気がする。でもあの日からすれば、昨日までが夢のように思えてしまった。楽しかった思い出が走馬灯のように駆け巡り、突然の「別れたい」を撤回させるために必死だった。

「嫌いだ(><)」って言われたけれど、嘘だと確信していた。それが本当だとして、今までの好きが嘘ってことになるなら、T君にしては嘘が上手すぎる。盛大な茶番やお遊びにしては彼の方にデメリットがありすぎる。嘘つくのが下手と言っていたことさえ嘘だとしたら、全部も含めてすべて演技ならハリウッド俳優になれる。

嫌われてないという一点に絶対の自信を以て、電話越しに無様に泣きすがり反論し、しつこく食い下がった。「絶対幸せになるから持ってた方がいい」なんて、怪しい壺の押し売り業者のテクニックを駆使して、根拠のない言い分で説得。終いには「お願いだから別れて(><)」と泣いて懇願されちゃって、もう私の心は細切れの肉塊状態だったけど、負けじとダダをこねて、なんとか一命をとりとめた。

お互いが一番の存在という確かな地盤の上に立ち世界が回る、そんな毎日に平和ボケしていたのだと思い知った。去る者追わずが美しいのだろうけど、醜くてもこれだけは譲れなかった。離せなかった。蟻地獄にでもなったかのような。
posted by あいだ at 12:58 | Comment(0) | 雑記

2011/07/30 Sat

やなやつなんだ


小学生の時に読んだ本で国語が好きになった。中学生の時に教わった先生のおかげで国語の先生になりたくなった。高校生の時に転任してきた先生が国文科に推薦してくれた。

大学生になって、夢を諦めた。代わりに姉が国語の先生になった。私はせめてアルバイトでも、夢をもっていた頃の自分に応えてあげたくて、先生になろうと思った。あの頃の私がタイムマシンでやってきて、未来の自分を知ったら、失望するだろうか。案外、「まぁそんなもんか」と妥協するかもしれない。

今は、もう一度、諦めた夢に向き合いかけている。もし今タイムマシンで五年後の自分に会いに行けたら、私は失望するだろうか、それとも

posted by あいだ at 22:22 | Comment(0) | 雑記

2011/07/23 Sat

フェアリーフェイル


突然ですが、大和市のマスコットキャラクター(平成四年制定)。


昨今のゆるキャラブーム以前から存在する、かなりの古参なので、キュンとくるような今風のかわいさはないけれど、下手に媚びてないデザインには好感がもてる。老若男女愛される無難なデザインだと思う。ウケ狙いの変な設定もなく、なんだかほっこりするキャラクター説明もいい。私の部屋にも市のお祭りで昔ゲットしたやまとこころんのぬいぐるみが(未開封で)眠っている。みずぺーとオナガ君(もっくの鳥)かわいい。


そしてこれが、大和市のイベントキャラクター(昨年決定)。


断じてちよちゃんのお父さんではない。先月、駅前に張り出されているのを見て知ったのだけれど、これを見たとき思わず二度見してしまった。電車は逃した。同じ妖精なのに上のマスコットキャラクターとは種族がちがいすぎる。ちよ父とモリゾーを足したような見た目はいいとして、手に持っているモノの適当さは何なんだろう…。全国より約500点の応募の中から、千葉県の方の考えたものが選ばれたらしい。なんという刺客。

Wikipediaによると「立ち居振る舞いが不安定かつユニークであること」がゆるキャラ三か条のひとつらしいから、そういう意味では正解なのかもしれない。子供には人気なようなので、今後とも市の活性化に精を出していただければいいなと思うよ。妖精だけに。

posted by あいだ at 22:22 | Comment(0) | 雑記

2011/06/13 Mon

「きち」で予測変換→コピー&ペースト


何度も読み方を調べてるのに忘れてしまったり、あとで調べようと思って永遠に忘れ続けてて読めない漢字って多いですよね。え?ある…よね……?

恥ずかしながら「吉祥寺」←読めません。調べればわかるんだろうけど、そこまで私の人生に関わる言葉じゃないから今まで放っておいた、というか、たぶん何度か調べたことあってその度に忘れてるんでしょうね。いや、頭の中ではだいたいわかってるんです。頭の中で読む分には支障がないから余計に、ねぇ?しかし大学に入ってから、たぶん年に三回くらい、「吉祥寺」を発音せねばならない窮地に追いやられることがあり、困ってしまいます。


「ほら、えーと、きちjchyfuouじ!」
「え?」
「きdcjyhおuじ!」


こんな感じで濁してます。「き」で始まって「じ」で終わるのはわかるんだよ?間が曖昧なんです。人が発音してるの聴いてもいまいち聞き取れなくて。イ段の子音にオ段の拗音と長音、っぽいのはわかってるので、その辺をあえて複雑にボソボソと発音することで誤魔化しています。聞き返されてる時点で誤魔化せてない気もしますが。

ここまで読み方を覚えられないとなると、なんかもう、一生このまま誤魔化して生きていくのも面白いかな、と思えてきます。「吉祥寺」、一度はいってみたい。
posted by あいだ at 19:12 | Comment(0) | 雑記

2011/06/12 Sun

ネット上での神って言葉は安っぽい



毛虫の夢で起きて朝から大掃除、午前中から図書館で資料集め。移動だけでも十キロ以上、ヒール有りのサンダルで歩いた。足はくたくた。マメは六ヶ所にできてる。でも弱音は吐かない。楽しみにしていた笑点(座布団十枚賞品の旅行回だったはず)を見逃した。去年見たがっていた劇場版トリックの地上波も見逃した。でも弱音は吐かない。

我慢してるのよって言うのを我慢したり、どんなにつらくても平気でテンション高い絵文字を使ったり、落ち込んでる文章を相手に送りつけたりしない術を身に付けたよ。でもそれじゃあだめなんだってさ。「気遣われると気遣わなきゃいけない気がするから気遣わなくていい」ってそれは結局、気を遣わせないように気を遣えってことじゃないですか。矛盾してるじゃないですか。こういうのって誰に言えばいいのさ。こんなところに書いたところで、じゃないか。

二十一年前から私とその周りだけを監視してきた、心の広い神様が突然現れて相談にのってくれたらいいのにな、とよく思う。話さなくても事情がわかるし、完全に私の立場を理解した上で肯定的なアドバイスをくれる、「そんなこと言ったら私なんてもっとつらいよ」なんて話の腰を折ったりしない、そんな都合のいいだけの人間がいたら私は神と崇めるだろうね。たまにはいいよね?ごっそり弱音の部分だけ消して、無難な記事に仕立てなくても。笑点見たかったチクショー!

タグ:
posted by あいだ at 23:19 | Comment(2) | 雑記

2011/05/23 Mon

7℃以下ならパジャマに毛布コーデで家から出ないのがトレンド



天気予報だいすきっこあつまれ!

恥ずかしながら私めも、携帯を開く度にEZニュースフラッシュの天気予報を、パソコンを起動する度に気象庁の天気予報をチェックする野郎どものうちひとりでございます。高校時代は天気予報のメルマガをとってました。天気予報がなければ生きていけません。


そんな能天気野郎の経験に基づき、気温別に何を着たらいいのかの目安を表にしてみました。あくまで生まれも育ちも神奈川県東部、ぬるま湯暮らしの小娘の意見ですが、どうぞ参考までに。


最高気温

 〜12℃  長袖シャツ、厚手のセーター・カーディガン、厚手の冬物上着

13〜15℃  ↑から一枚マイナス、もしくは上着をワンランク薄いものに

16〜18℃  長袖、薄手の上着

19〜22℃  長袖の羽織るもの

23〜25℃  長袖〜七分袖

25℃〜   半袖解禁

32℃〜   全裸も辞さない


※下半身のことは知りません。


生地によっては下着なんかで調整しつつ、だいたいこれを目安に着る服を考えています。ついでに次の日の天気もチェックして「明日はこれを着るから今日はこれ」と決めたりします。

今みたいに気温が安定しない時期は最低気温もチェックして、帰りが夜おそくなる時などはそれに合わせて選びます。「最高気温25℃」でも25℃が屋内にいる時間のほんの一時だったりするので、気象庁の時系列天気予報(これは神奈川の)で一日の気温の変化を必ず調べています。このサイトがなかったら生きていけません。


実際はここまで厳密ではなく、人から「寒そう」「暑そう」といわれない格好ならいいかなぁと思ってます。とりあえず、神奈川で最高気温32℃以上の予報がでても訴えられないことを祈るばかりです。

posted by あいだ at 22:22 | Comment(0) | 雑記

2011/02/07 Mon

晴れた冬の日の午前にふさわしく


急に眠くなることを「睡魔に襲われる」と言うなら、急に情欲を掻き立てられることを「色情魔に襲われる」と表現してもいいような気がしませんか。「キャー!何のぞいてんのよ!」「いや、ちょっと色情魔に襲われて…」「なら仕方ない」こんなやりとりが日常的に……ならないか。

突然ですが私って上品ですよね。下品なことなんて一度も言ったことがないもの。ほんとに。誰かが言ったジョークにも、ノったり馬鹿笑いしたりはせずに、「やあね」とやんわり嗜めつつクスリと笑うタイプです。あらゆる俗物を吸収して心が汚れていることは否めません。でもそれを空気上に吐き出したことはないと思います。ネット上にだってありません、あいだ名義では。吸収する分には何でもウェルカムですが、小学生あるいは粋なオッサンみたいな直球さは心地好くても、一般人による生々しいカミングアウトは引きます。それが誰かに有益ならいいとして、そうでないなら、とことんバカバカしくあってほしいものです。ユーモアのない下ネタなんて言語道断。変態であるなら同時に紳士でなくてはなりません。まぁ冒頭の件にユーモアがあるのかと問われたら、何も言えません。


要するにむっつりスケベでしょうか。「スケベ」って言葉は「エロい」よりもやわらかくてすきです。そしてもちろん「変態」は誉め言葉。

posted by あいだ at 11:44 | Comment(2) | 雑記

2011/01/24 Mon

セーラームーンでもマコちゃん一筋



ブログのデザインをいじっていたら、管理画面で「週刊ブログテーマ」というものを見つけてしまった。この手の大吉利 お題に答える系に目がないもんで、僭越ながら参加させていただきます。ちょうど近々書こうと思っていたテーマと重なっていたしね。



週刊ブログテーマ
今回のテーマ:好きな色


私は病的に緑が好きです。ライトグリーンよりも抹茶色のような、少しくすんだ色がとくに好きです。緑ってだけでご飯三杯はいけます。お茶漬けの素に入ってる緑の固形物(正式名称:不明)、あれだけでご飯三杯はいけま……いや、ちょっと厳しい。鮭があればいけます。

ところで好きな色って、なぜその色を好きかと問われても、「好きだから」くらいにしか答えようがないものだと思うんです。感覚的なものだよね。じゃあ、なぜその色を好きになったのかと問われたら、私の場合は「ブロッコリー現象」なのです。ブロッコリーが緑だからという理由ではなく、以前ブログにも書いた、ブロッコリーを好きになった時と同じ経緯で緑を好きになったのではないかということです。

かつて好きな色で思い浮かぶのは清楚な青、もしくは赤のビビッドカラーでした。ピンク嫌いを言い張っていた時期もありますが、緑はまぁ、茶色とか紫とかと同じくらいの位置。いわゆるふつう。しかしどういうわけか、周囲の人は「あいだは緑が好きだ」と思っていたようです。誕生日プレゼント、親が買ってくる服、布団カバー。自分で選んだわけでもないのに、緑色のものが自然と集まってくる。別に緑のものなんて持ったり身に付けたりしてないのになぁ。ましてや緑が好きだなんて公言した覚えもない。どういうことだろう。人に緑色のものをあげると吉!みたいな占いでも流行ってるのかな?もしくは、実は私の知らぬところで国を挙げての緑化運動が行われていて、徐々に私の周りは緑一色になっていき、最終的にはアオムシとレタスの区別もつかないほど緑に犯されてしまうのでは……!ノーモア無農薬!そんなことを考えたこともありました(いま考えました)。


現在、部屋をざっと見回しただけでも、ブラシ、寝具(枕も布団も)、カーテン、ファイル、冬物コート、クリスマスにもらったリュック、お気に入りの夏用ワンピース。これだけのものが緑色に染まっていて、どれも日常的に好んで使っています。よく使うものがたまたま緑だったのか、それとも緑だから好んで使うのか。前者から後者への移行が人生のどの時点で始まったのか不明ですが、今は、自らの意思で緑が好きだと言えます。流されやすいといえばまぁ、その通りなんだけど。


色に限らず、何かを好きになるきっかけなんて自分では気付かなかったりしますね。好きになったらもう、なんで好きなのかなんて理由はいらない。私は緑が好きだと自覚してから、緑が味方であるかのように思えてきました。心の支えになる私のラッキーカラー。キャベツとレタスの違いはわからないが、レタスとアオムシの区別がつく程度に緑が好きです(アオムシは嫌いです)。


posted by あいだ at 23:19 | Comment(0) | 雑記

2010/12/22 Wed

詩人の証明


革命だ。もう誰も信じないなんて、訳アリぶっていた頃からは想像できないような、もはや、まさかこんな風になってしまうなんて思いもしないよ。お揃いの御守りは手首に二十四時間つけっぱなしで、携帯にストラップつけない主義も捨てて、部屋にはツーショット写真、待ち受けまでもが笑顔のどアップときた。別れた直後に早く会いたいねで、一日最低十回は好きだよ愛してるってそんな日々。旧友が聞いたらおかしくなったと思われる。らしくないのはわかってる。

何よりも根本改革というか、二十年物の人格にまでそれは及び、カメラ嫌いが少し直って、よく笑うようになった。アホみたいに泣いたことも、血管ブチ切れ寸前で主張したことも、こんな自分は知らなかった。隠し事とか駆け引きなんてできないから、大好きもムカつくも言わずにはいられない。私を困らせることに関しては天才で、時には世界一憎いのに、諦めるより向き合おうって思う。なんかもう会いすぎて飽きそうとか心配してる暇もないし、価値観とか方向性の違いまでも好きだから、困るよ。つらい。でも逃げようって思わないんだなぁ。もはや変態だな。

やっぱ年上じゃなきゃとか、女の子可とか言ってた頃より、同級生の男の子っていう至極無難な選択をした今「年齢や性別は関係ない」って実感できる。表面上のスペックに期待していた要素が大事で、それを満たさなかったら何十年生きてたってだめだって。私より九ヶ月少なく生きてる後輩に教わった。サプライズのつもりで作っていたプレゼントを、我慢できない!見せる!って未完成のままネタばらししてしまうような、酔っ払うと熱弁しながら嬉し泣きしだすような子だけれど、大切にするぜ。
posted by あいだ at 22:22 | Comment(0) | 雑記

2010/12/05 Sun

ガリ神ジャー


うーん、今年の平仮名は「と」かなぁ。それから今年のカタカナは「ハ」、今年のアルファベットは「K」で、今年の数字は「7」だ。漢字?さすがに今年の漢字はないわ〜。


そういやブログペットサービスが終了するらしく、あと十日ばかりで、うちのガリもいなくなります。いなくなるとわかると急に惜しくなる。ガリとの出会いは五年前、というと十五歳の中学三年生。あの時の自分に五年後の自分がどんなかを告げたら、絶対に信じてもらえないだろうな……。そんな五年間の、本音に限りなく近い冗談を、一番身近で見守っていたのは、こいつ、このガリ野郎かもしれません。「またアホなこと書いて」とか思ってたのかも。「もうあいだは僕がいなくてもやっていけそうだね…さよなら」だなんて、そんな、切ない……行かないで!


いま画面右側から「ばかなの?」って声が聞こえてきた気がする。そんな彼が背後の猫に食われるまであと数日。せいぜい肥えればいいと思う。
posted by あいだ at 22:22 | Comment(0) | 雑記